本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>パースペクティブ

メディアエコシステムにおけるギャップを埋めるためのオーディエンスセグメントの活用

1 minute read|ニールセン グローバル計画商品担当SVP ジェイ・ニールセン|2021年9月号

ブランドにとって、顧客や見込み客を具体的に把握することは今まで以上に重要なことですが、勿論、多くのブランドはこれを理解しており、近年ではそれぞれが保有するファーストパーティデータセットへの投資を行っており、データの堅牢性を確保するとともに、お客様のエンゲージメント獲得戦略を開発するために必須となる情報を構築しています。

ファーストパーティデータは強力であるものの、限定されたデータであることを覚えておきましょう。

企業のマーケティング担当者は、消費者が自社ブランドにどのように関わって把握する必要があるのか、しかし、消費者が他のブランド、プラットフォーム、チャネルにどのように関わっているかを知る必要があります。

先ほどの銀行の例に戻ると、銀行ブランドがファーストパーティデータに依存していると、顧客との接触ポイントにおいてエンゲージメントを獲得し、顧客の金融プロフィールが活用されることができません。

過去10年間、メディア業界は広告キャンペーンの実施にあたり、信頼性の高いファーストパーティデータ、セカンドパーティデータおよびサードパーティデータの利用を促進する上で必要となる柔軟なツールを模索し続けてきました。

消費者がパーソナライゼーションを求める今、データの信頼性はマーケティング担当者にとって大きな意味を持ちます。データの計画の立案、メディアのバイイング、アクティベーションや測定の全てでキャンペーン目標の達成に貢献しなければなりません。

メディアプランニングやバイイングは複雑な業務で、さらにデバイスやチャネルの細分化が複雑性に追い打ちをかけるように、テレビ視聴の最新実態に目を向け、CTV(コネクテッドテレビ)ストリーミング配信を利用する消費者の数を踏まえると、マーケティング担当者は従来のテレビ枠のバイイングにおいても、データドリブンな戦略を活用するための能力スキルをより必要としています。

先見性のあるブランドは既に機会を捉えていますが、多くのブランドにとっての課題、メディアプランニングとバイイング業務をつなぐ一貫性の欠如です。 

現代のメディアプランニングとバイイングにおける重要な要素は一貫性です、広告主は、特に従来のテレビ広告枠のプランニングとバイイングにおいては、一貫したオーディエンスセグメントを用いた取引に頼っています、新たなプラットフォームやチャネルの台頭によってメディアプランニングとバイイングがさらに複雑化する、マーケティング担当者はテレビ広告枠のバイイングと同レベルの一貫性を求めだす(求めるべき)でしょう、賢明で先見性のあるブランドです、テレビと類似環境を整える、広告枠の取引に引けを取る信頼性の提供するソリューションには傾くことが期待されますこのソリューションは、マーケティング担当者がプラスの費用対売上(ローザ)を達成し、無駄を排除するという支援します。

類似のインサイトを閲覧し続ける