本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

オーストラリア人、料理・食品系ウェブサイトの閲覧時間が大幅に増加

5分で読めるシリーズ|2020年4月
  • オンライン料理・食品サイトの利用時間が71%増加4
  • 13~24歳のオーストラリア人は、食べ物や料理に関するコンテンツに費やすオンライン時間が144%増加した2。
  • 3月29日(日)には、2020年の1日の食品・料理コンテンツの消費時間が最も多いことを記録3

2020年4月7日 シドニー:コロナウイルス(COVID-19)の感染曲線を平らにするため、オーストラリア人は自宅待機を求められており、オンラインの食品や料理コンテンツに費やす時間が大幅に増えています。 そして、その時間を増加させているのは、若い視聴者である。

ニールセンのデジタルコンテンツ視聴率デイリーデータでは、3月29日(日)の利用時間が3月1日(日)に比べて70%1増加し、3月29日(日)は2020年のデイリータイムで最高を記録し、食品・料理サイトの利用時間は合計で63,555時間となっています。

Nielsen Digital Content Ratingsは、政府が3月22日(日)にステージ1の規制を発表し、クラブ、パブ、レストラン、カフェの閉鎖を発表し、家族に自宅待機を推奨したタイミングで、オンライン視聴者の行動に変化があったことを報告しました。また、ニールセンのデータによると、3月最後の週末、オーストラリア人は、2月最後の週末と比較して、オンラインで食品や料理のコンテンツを消費する時間が71%増加したことがわかりました4。

ニールセンのメディア・スポーツ担当マネージングディレクターであるモニーク・ペリーは、「家庭で料理をする時間が増えるという新しい現実に適応しつつあり、オーストラリアのコンテンツ豊富な食品や料理のウェブサイトにこれまで以上に大きく傾いている」と述べています。メディアエージェンシー、広告主、ブランドは、この困難な時代において、このカテゴリーを通じて消費者と関わる機会を大幅に増やすことができます。オーストラリアの人々が、プランニング 、家族のために食事の準備をしているときに、話しかけることができる真の機会であり、これは戦術的なキャンペーンと長期的なブランド構築の両方をサポートすることができます。"

Nielsen Digital Content Ratings は、料理サイトの視聴率をすべての層で上昇させました。特に13-24歳のオーストラリア人が最も高い伸びを示しています。

3月最後の週末に、インターネット上の料理・食品コンテンツを利用した時間が、前月に比べて最も増加したと回答したのは、年齢層別で以下の通りです。

  • 3月27日(金)13-24歳 +144%。
  • 3月28日(土)25-39歳 +94%。
  • 3月28日(土)40-54歳 +64%。
  • 3月29日(日)55歳以上+66%。

IABオーストラリアのCEOであるGai Le Royは、次のようにコメントしています。「オーストラリア人は、これからの数週間、家で食事をすることが多くなることをようやく認め、普段の食事のレパートリーに少し変化を持たせるために、レシピのインスピレーションを探し始めたようです。家にいる時間が長くなり、多くの人が今日が何日なのか思い出せなくなる中、日曜日が重要な食事となる習慣的なパターンプランニング とレシピ探しの日が維持されているのは興味深いことです。"

また、家庭での料理への関心の高まりと同時に、3月22日までの4週間のNielsen Homescanのデータでは、オーストラリア人が本格的なアジアやインドの食料品などの主要な料理材料をより多く購入しており、金額ベースでそれぞれ128%、185%増加していることが明らかになっています。

ホームステイ先では、パン作りも盛んで、砂糖は 64%、小麦粉は 156%の伸びを示しています。 過去4週間で、オーストラリア人は約65日分の小麦粉を備蓄し、パンミックスは予想の2倍以上の数量が売れ、ドル換算で202%の伸びを示しました。

情報源

  • 1出典Nielsen デジタルコンテンツ視聴率、Daily Tagged, 29/03/20, vs 01/03/20, デジタル (C/M), People 2+, Total Time Spent, Text, Food and Cooking sub-category.
  • 2出典出典Nielsen デジタルコンテンツ視聴率、デイリータグ、27/03/20 vs 28/02/20、デジタル(C/M)、人 13-24、合計滞在時間、テキスト、食品と料理のサブカテゴリ。
  • 3出典はこちら。ニールセン デジタルコンテンツ視聴率、日次タグ付き 2020年01月~31日、デジタル(C/M)、人物2人以上、総滞在時間、テキスト、食べ物・料理のサブカテゴリ。
  • 4出典はこちらデジタルコンテンツ視聴率、日次タグ、29/02/20~01/03/20、28/03/20~29/20、食品・料理サブカテゴリ、デジタル(C/M)、人物2以上、総滞在時間、テキスト。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界中の消費者と市場に関する最も完全で信頼できる情報を提供するグローバルな測定・データ分析企業です。ニールセンは2つの事業部門に分かれています。メディア市場の真実を伝えるNielsen Global Mediaは、メディアおよび広告業界に公平で信頼性の高い測定基準を提供し、市場が機能するために必要な業界に関する共通の理解を生み出しています。ニールセン・グローバル・コネクトは、消費財メーカーや小売業者に対し、正確で実用的な情報や洞察を提供し、企業が革新と成長を遂げるために必要な、複雑で変化する市場の全体像を把握しています。 ニールセン独自のデータと他のデータソースを組み合わせたアプローチにより、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識を基にどのように行動するのがベストなのかを理解できるよう支援します。

S&P 500 企業であるニールセンは、100 カ国以上で事業を展開し、世界人口の 90% 以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

ニールセンについて インタラクティブ広告協会 Interactive Advertising Bureau (IAB) Limited www.iabaustralia.com.au は、オーストラリアにおけるオンライン広告の業界団体として最高峰の存在です。IABの役割は、オーストラリアのあらゆるプラットフォームにおけるデジタル広告への持続可能で多様な投資を支援することです。 2018年10月に発表されたIAB産業憲章では、デジタル広告がどのようにビジネス目標を実現できるかをマーケターやエージェンシーが理解できるよう、組織が重点的に取り組んでいることが詳細に説明されています。IAB業界憲章の基礎的要素には、信頼を促進する基準への新たなフォーカス、広告サプライチェーンの摩擦を減らすためのステップ、そして最終的に消費者、広告主、パブリッシャーの広告体験を改善することが含まれます。 IABは、コンテンツと広告測定に引き続き注力するほか、デジタル広告の効果、データとプライバシー、標準とガイドライン、デジタルバリューチェーンの改善という4つの活動分野の概要を示しています。

お問い合わせ

ニールセン

ジャッキー・ヘリカー

jackie.helliker@nielsen.com

0412 405 761