本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

データベース成長するストリーミングとオーバー・ザ・トップ・ビデオの世界を見る

2分で読めるシリーズ|2018年7月

第12話

 

歴史的には、テレビといえば、リビングルームにある電気ボックスを指すのが普通で、家族や友人を楽しませるために、一握りのコンテンツプロバイダーから提供されるさまざまな番組が予定されていた。

今日でも、リビングルームのテレビボックスには映像が映し出されているが、そのコンテンツはますます多くのプロバイダーから提供されている。そして、消費者は今やそのコンテンツに無数のプラットフォームからアクセスできるようになり、実質的に、電気ボックスや他の多くの接続されたデバイスをマルチメディア・コンテンツ体験へと変貌させている。

しかし、テレビをどのように定義するかにかかわらず、アメリカ人があらゆる形態のビデオ番組を愛していることに議論の余地はない。実際、平均的なアメリカ人は、毎月130時間以上のリニアTVを視聴している。しかし、従来型のテレビ視聴が依然として主導権を握っている一方で、コネクテッドテレビ視聴は増加傾向にある。そして、毎月40時間以上のコンテンツを視聴するために、それらのデバイスを使用している。

このエピソードでは、ストリーミング・ビデオとオーバー・ザ・トップ・コンテンツの世界を探求する。消費者がこれらのコンテンツを利用するために使っている技術、消費しているコンテンツ量の増加、そしてこれらのトレンドがビデオ視聴の全体的な状況をどのように形作っているのかについて掘り下げる。

今回のニールセンのゲストは、オーディエンス・インサイト担当SVPのピーター・カツィングリス、プロダクト・リーダーシップ担当SVPのブライアン・フューラー、米国メディアコミュニケーション担当VPのサル・トゥッツェオ、米国メディアコミュニケーション担当ディレクターのゴーリキ・デロッサントス。

ビデオ視聴とストリーミングの詳細については、2018年第1四半期のトータルオーディエンスレポートをダウンロードしてください。もっとエピソードをお探しですか?SoundCloudiTunesGoogle PlayまたはStitcherでThe Databaseを購読してください。

類似のインサイトを閲覧し続ける