02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

データベーススポーツ・マーケティングでゲームに参加する

2分で読む|2018年11月

第18話

世界中で、スポーツは大好きなエンターテインメントだ。あるファンにとっては、シーズンを通してあらゆる統計や選手のニュアンスを追いかけることを意味し、またあるファンにとっては、同じ選手やチームを応援する仲間意識を楽しむことを意味する。

アスリート、チーム、スポンサー、権利所有者などにとって、スポーツはビッグビジネスでもある。そして、そのビジネスも変わりつつある。多くのファンは、スタジアムやアリーナで、あるいはテレビで、試合やセットなどを生で観戦することを今でも好む。しかし、デジタルは、ブランド、ライツホルダー、さらにはチームやアスリートとファンとの関わり方に革命をもたらしつつある。

その結果、スポンサーシップも進化している。ブランドは、スタジアム内やチームのユニフォームにロゴを入れるだけでなく、ファンとの有意義なつながりを生み出すパートナーシップを模索するようになってきている。

しかし、非常に多くのプレーヤーが関与しているため、この複雑な状況をナビゲートすることは困難である。ブランドや権利保有者は、自分たちのマーケティング目標を明確にし、それに最も適したスポーツ、チーム、アスリートを見つける必要がある。

この「データベース」のエピソードでは、スポーツ・マーケティングの裏と表を探る。デジタル機器によって、ファンが好きなスポーツや新しいスポーツにアクセスする機会が増え、ブランドや権利者にとってのチャンスは、今日のファンを惹きつけることができれば、ますます大きくなっている。

今回のニールセンのゲストは、スポーツ・アメリカ担当マネージングディレクターのジョン・ステイナー、スポーツ・デジタル担当グローバルヘッドのマックス・バーネット、スポーツ・リサーチ担当副社長のキャシー・ルブナーです。

ビデオ視聴とストリーミングの詳細については、2018年第1四半期の総視聴者レポートをダウンロードしてください。他のエピソードをお探しですか?SoundCloudiTunesGoogle PlayまたはStitcherでデータベースを購読する。

類似の洞察を閲覧し続ける