本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>パースペクティブ

テレビ画面での広告型動画配信サービスの視聴が可能な消費者とのコミュニケーションのための新たな接点

1分で読めるシリーズ|ニールセン デジタル アナリスト マン・ピンチュアン|2021年9月号掲載

近年、インターネットに接続されたテレビ=コネクテッドTV(以下、CTVと略)、インターネット動画視聴が進んでいます。1億ドルなり、2025年には274.7ドルに達すると予測されています。

1.テレビ画面でのインターネット配信動画視聴が増加

この一年、国内ではテレビ画面からインターネット動画コンテンツを視聴し、消費者の割合が増加しました。テレビ画面でインターネット動画を視聴する機会が増加した理由は3つ考えられます。

2021年のニールセンの動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「ニールセン・ビデオコンテンツとアドレポート2021」(Nielsen Video Contents & Ads Report2021」によると、インターネット動画視聴者の19%がctvを使ってインターネット動画コンテンツを視聴しています。19の5波への不安の続き、一部の地域では外出制限への呼びかけが実施されている、今後もしばらくは在宅時間が長いままとなることが想定される、コンテンツ視聴する時間が長くなる可能性がある; 今後、ワクチンの接種が進むにつれて、国内では社会活動が徐々に再開されていくことが予測されますが、この1年以上のコロナ禍中の生活で、エンターテイメントの楽しみ方やテレビからインターネットコンテンツ視聴することがすでに定着すると考えられる、テレビ画面でインターネットコンテンツ視聴する割合は高まっていくことが予想される; 今後ともよろしくお願いいたします。

図表1

2.デジタル広告の強みを生かしたCTV広告

CTVが増える、消費者がテレビ画面上でインターネット動画コンテンツを視聴する時間が増えることにつながります。Streaming Meter Dataによると、米国では2018年以降、テレビ画面での広告型配信サービスの利用時間が増えています。4倍増加し、14億時間から62億時間達しました(図表2)。

図表2

米国では、消費者は定額制動画配信サービスだけではなく、広告型動画配信サービスをテレビ画面で視聴する機会も増えてきています。

類似のインサイトを閲覧し続ける