本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

テレビは香港でトップのメディアチャンネルにとどまる

5分で読めるシリーズ|2017年5月
{“order”:3,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“hideCategory”:”true”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship,cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

インターネット利用が急増し、従来のテレビに迫る勢い MTRはネットワーク拡大で最も人気のある交通手段

香港 - 2017年5月31日 - インターネットの挑戦が高まる中、様々な新しいテレビチャンネルの出現とOTT(Over-the-Top)視聴の成熟に支えられ、香港ではテレビが引き続きトップのメディアチャンネル(92%)として存在し続けています。インターネット(91%)は急速にテレビに追いつき、現在2番目に人気のあるメディアチャンネルとなっています。新聞の消費では、印刷されたハードコピーとデジタル版の両方でニュースを消費する読者が増えていることが観察されています。ニールセンの「香港メディアインデックス2016年末レポート」によると、MTRネットワークの拡大に伴い、MTRは最も人気のある交通手段となり、MTR広告は最も人気のある広告プラットフォームの1つとなることが予想されるとのことです。

テレビチャンネルの登場とOTT(Over-the-Top)視聴の成熟が、テレビを最も人気のあるメディアとして支える香港で最も人気のあるメディアチャンネルは、まもなくテレビがインターネットに追い越されるという認識が一般的でしたが、新しいテレビチャンネルViuTVとOTT視聴の増加によって状況は少し変化しています。テレビの普及率は2015年の88%から2016年には92%に上昇し、激しい競争にもかかわらず、まだ増加することができます。OTT視聴の成熟は、急速な技術進歩の結果であり、テレビ普及率の上昇に大きく寄与している。視聴者は、いつでもどこでも、どんなプラットフォームでもテレビを見ることができるようになった。テレビ普及率の増加は、当然のことながら、インターネット普及率の減少にはつながりません。テレビを見るだけでなくインターネットも利用する人は、2015年の76%から2016年には83%に増加しました。また、従来のテレビのプライムタイム(18:00 - 20:59 & 21:00 - 23:59)が依然としてテレビを見る視聴者のピークタイムである一方、14:00 - 17:59にインターネットを利用する人が大多数であることは注目に値すると言えます。 

インターネットの利用率は急速に上昇し続けています今日のインターネットは、デジタル世界において最大かつ最も多様なネットワークユーザーのコミュニティーにサービスを提供しています。インターネットの進化と発展は、個人的な活動から仕事の生産性まで、人々の日常生活を変えてきました。したがって、香港人のインターネット利用率が、2015年の85%から2016年の91%へと、過去2年間で6ポイント上昇したことは驚くべきことではありません。彼らの1日の平均インターネット利用時間は、2015年の171分から2016年の265分に増加し、50%以上増加しています。年齢層別に見てみると、すべての年齢層でインターネットの平均利用時間が伸びており、中でも銀髪層である55~64歳のインターネット普及率は、2015年の46%から2016年の69%へと大幅な伸びを示しています。この変化は、インターネットがもはや若い世代の関心事ではなく、より成熟した人口層を含む全世代に及んでいることをさらに示しています。

インターネットの進化に加え、スマートフォンの台頭はインターネット利用率の向上と同時進行しています。スマートフォンの所有率は、2015年の85%から2016年には91%になっています。

インターネットの発達により、人々はこれまで以上にデジタルの世界とつながっています。インターネットユーザーの90%以上がインスタントメッセージ(96%)やソーシャルネットワーキング(91%)にインターネットを利用し、さらに88%がオンラインでビデオを視聴し、81%が情報検索を行っています。また、ショッピングも人気のトレンドとなっており、香港の買い物客の10人に8人は過去12ヶ月間にオンラインで買い物をしたことがあるという。

「インターネットの普及に伴い、消費者を効果的に取り込もうとするマーケティング担当者は、テレビとデジタル画面の両方における広告投資のROIを正確に測定する必要があります。多くのチャネルで消費者にリーチする機会が増えているため、デバイスやプラットフォームを横断して広告投資総額を最大化することが、今日のブランドの成功に欠かせません」と、ニールセン香港のメディア担当シニアディレクターのチェリー・ラウは語っています。

印刷された新聞はデジタル版で補完される時代へ印刷メディアは、さまざまな形態のデジタルコンテンツの台頭により、激しい競争にさらされている。しかし、注目すべきは、印刷された新聞を読む人がその習慣を維持している一方で、デジタル版と印刷版の両方の新聞を読む人の割合が、2015年の16%から2016年には23%に増えていることです。これは、読者が、ニュースの詳細な報道については印刷版に依存し続けるかもしれないが、よりタイムリーなニュースの更新についてはインターネット上のデジタル版にも依存していることを示すものである。

見られた屋外広告のトップはMTR広告、MTRネットワーク拡張が好感触今回のネットワーク拡張により、MTRはバスを抜いて最も人気のある交通機関となり、2015年の67%から2016年は73%に増加しました。MTRが最も利用頻度の高い交通機関となったことで、屋外広告のリーチもMTR広告(71%)がトップとなり、バス外装広告(66%)、バスシェルター/バスストップ広告(62%)と続いていました。今後もこの傾向は続くと思われます。

ニールセンについて ニールセン・メディア・インデックス1969年に設立されたニールセン・メディア・インデックスは、香港初のマルチメディア消費調査であり、香港の消費者の人口統計、社会経済特性、一般消費パターン、ライフスタイルに関するメディアと購買習慣について重要な洞察を提供しています。Media Indexは、12歳から64歳までの香港の一般人口を対象としています。 この調査は、年間6,000人の回答者にインタビューを行い、国際的に認められた方法を採用し、データは12カ月単位で処理され、政府統計に基づいて香港の既知の人口に加重/予測されています。

ニールセンについて NIELSENNielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、消費者の「見る」「買う」を総合的に把握するグローバルなパフォーマンス管理企業です。視聴部門では、メディアや広告主に対して、動画、音声、テキストなどのコンテンツが消費されるすべてのデバイスを対象としたニールセンのトータルオーディエンス測定サービスを提供しています。Buy部門は、消費財メーカーや小売業者に対して、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。ウォッチセグメントとバイセグメント、その他のデータソースからの情報を統合することで、ニールセンはクライアントに世界最高水準の測定とパフォーマンス向上に役立つ分析の両方を提供しています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

連絡先:Cheryl Wen,cheryl.wen@nielsen.com,+886 2 2171 5590, +852 6772 8517 (携帯電話)