本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>責任と持続可能性

第2回グローバル・レスポンシビリティ・レポートで価値を再定義する

3分で読めるシリーズ|2018年6月

本日、第2回目の ニールセン・グローバル・レスポンシビリティ・レポート.この報告書は、当社の事業とステークホルダーのために継続的な価値と改善を推進する、ESG(環境、社会、ガバナンス)に焦点を当てた長期的な取り組みに関する当社のパフォーマンスと進捗を捉えたものです。この報告書は2016年と2017年を対象としており、企業としての将来的な戦略と目標が記載されています。また、ニールセンのESGへの取り組みが、多様な表現と包括性、データのプライバシー、セキュリティ、完全性など、当社の最も重要なビジネス課題にどのようにつながっているかを明確に示しています。

ミッチ・バーンズ
ニールセンCEO ミッチ・バーンズからのメッセージ

第2回目の 回目のGlobal Responsibility Reportでは、企業として価値を創造することの意味をどのように広げているかを探ります。

企業責任とサステナビリティの考え方を養うための総合的なアプローチを通じて 企業責任とサステナビリティの考え方を養うための包括的なアプローチを通じて-そして-私たちは、企業、従業員、株主、そして世界のために価値を創造し、それを増大させます。 私たちは、価値創造を正しく行うためには、協力的で、包括的で、長期的な視点に立ったものでなければならないと考えています。

今日、私たちは、このようなことが社内外のさまざまな分野で起こっていることを実感しています。 従業員にとって有意義な能力開発の機会への投資,グローバルな事業活動において気候変動に関連するリスクに対処すること,あるいは 世界最高水準のパワフルなデータを活用する. 私たちは将来を見据えた戦略に焦点を当てながら、2016年および2017年のこれらの結果を共有できることを嬉しく思います。ハイライトのうち、私たちは

  • 2020年への道しるべ 2020年への道この計画は、成長と効率性を促進するためのイノベーションへの投資に焦点を当てた、複数年にわたる変革です。
  • のリーチを拡大しました。 コンプライアンス&インテグリティインテグリティ・アンバサダーは、世界各地のオフィスでインテグリティの「外交官」として活躍するプログラムです。
  • 初のグローバル気候リスクアセスメントを完了 気候リスク評価ニールセンの短期および長期的な気候関連の物理的および移行リスクを調査した。
  • サプライチェーンのサステナビリティ評価の範囲を拡大 サプライチェーン・サステナビリティ評価は、初年度の2016年の30%から、2017年には40%の支出をカバーしています。
  • エンゲージメント強化のための複数年にわたる新戦略を開始しました。 従業員エンゲージメント強化のための.
  • 健康的なライフスタイルを実現する 健康的なライフスタイルを実現するベスト・エンプロイーに選ばれました。この賞は、従業員の健康、生産性、生活の質、経済的安定、感情や社会とのつながりの向上に取り組んでいる企業を評価するものです。
  • 設立 ニールセン・グローバル・サポート・ファンドニールセン・グローバル・サポート・ファンドは、アソシエイトが個人的な困難や自然災害の際に助成金を申請したり、困っているアソシエイトに寄付をしたりすることができる基金です。2017年、グローバル・サポート・ファンドは12カ国のアソシエイトに助成金を提供しました。
  • 17万時間のボランティア活動を記録し、2310万ドルのプロボノ活動やスキルベースのボランティア活動を提供しました。 ニールセン・ケアズを2016年から開始しました。
  • グリーンチーム参加オフィスが300%以上増加しました。 グリーンチーム2013年半ばにグローバルでGreen Teamsを立ち上げて以来、Green Teamsに参加しているオフィスの数が300%以上増加しました。

バリュー・クリエイション・モデルの詳細はこちら 価値創造モデルの使命は、データ、科学、そして社員の才能を融合させ、私たちがサービスを提供する顧客や市場に測定と改善を提供し、最終的に価値を創造して、すべての人々にさらなる繁栄をもたらすことです。 このたびの 株主への手紙ニールセンのアニュアルレポートの中で、私は、私たちの 2020年への道.これらを当社の価値提案の全体的な文脈で考えると、ニールセンの長期的な持続可能性に焦点を当てることが、当社の全体的な事業戦略に必要な次元を追加していることは明らかです。

これからの可能性を信じて、精錬し、場合によっては再定義することで、皆さんも元気を出してほしいと思います。 再定義私 たちはどのように価 値を 創 造 するかについての理 解を深 め、ある場 合は再定義します。私 た ち は 、一 貫 し て 測 定 し 、学 び 、さ ま ざ ま な 利 害 関 係 者 と の 関 わ り を 通 じ て、急速に変化する世界と多様なコミュニティの中で価値を提供し 続 け る こ と が で き ま す 。