ニュースセンター>責任と持続可能性

ニールセン、世界の電子機器廃棄物の埋め立てをゼロにするという2020年の目標を達成

3 分で読めます |2020年9月発売

私たちは、ニールセンが情報技術機器の100%を、リサイクル、再生、または再利用するために、使用済み製品管理のための埋立地から転換していることを共有できることを嬉しく思います。ニールセンの非財務的重要性評価を通じて、気候変動への対応やバリューチェーンにおける倫理的、社会的、環境的影響の軽減は、責任ある企業として活動するための基本的な課題であることがわかりました。これらの影響の一環として、廃棄物管理は、私たちが適切な影響を与え、環境戦略を推進することができる最も重要な事業分野のひとつです。

「ニールセンのグローバル・レスポンシビリティ&サステイナビリティ・ディレクターのヤミニ・ディクシットは、次のように語っています。「私たちは、有害汚染物質としての電子廃棄物の可能性と、それが私たちの環境や健康に与える影響を理解しており、そのライフサイクルにおけるニールセンの役割を真剣に受け止めています。消費から廃棄に至るまで、世界的な廃棄物の排出量とその悪影響を最小限に抑えるための効率化を追求しています。" 

2016年、私たちはニールセンのさまざまな廃棄物の流れを定義し、測定するためのロードマップの作成に着手し、電子廃棄物(e-waste)が事業全体の廃棄物フットプリントに大きく寄与していると判断しました。その結果、2017年にニールセンの主要業績評価指標を定め、2020年末までに全世界の電子廃棄物を埋立地に送らないようにしました。 

ニールセンが目標を設定したとき、インフラストラクチャー・チームによるデューデリジェンスが開始され、ニールセンが管理するすべての 電子機器を評価し、使用状況と廃棄プロセスを明確に把握しました。その後、ニールセンの電子廃棄物管理ベンダーのグローバル・ポートフォリオを特定の経済的・環境的基準に照らして精査し、現在のプロセスと要件のギャップを評価しました。「ニールセンのグローバル・インフラストラクチャー・チームは、私たちのプロセスにおける環境効率の追求を確実に継続するために、この取り組みを開始しました。「ニールセンの目標を達成するために、ニールセンが事業展開しているすべての国のすべての電子機器を可視化することを選択しました。

ニールセンは、これらの評価から得られた情報をもとに、現在のベンダーポートフォリオを見直し、電子廃棄物の責任ある処理という目標を支持するベンダーとだけ協力することを決定しました。2019年までに、ニールセンから排出されるすべての電子廃棄物が再利用またはリサイクルされることを保証する3つの主要ベンダーを特定し、提携しました。ニールセンはまた、グローバルベンダーが操業できない場所では、二次ベンダーを確保しました。ニールセンの電子廃棄物ポートフォリオのうち、これらの地域に該当するものは3%未満であり、当社のデバイスの100%が責任を持って廃棄されることが引き続き求められています。

これは、ニールセンのバリューチェーン全体で持続可能な変化を推進するという統一された目標を掲げ、ニールセンの各機能を横断した協力的な努力と勝利によるものです。ニールセンの将来のビジョンは、廃棄物の埋め立てをゼロにすること、そして責任ある市民としてのコミットメントを維持するプロセスとパートナーシップを構築することです。