ニュースセンター>受賞歴

ニールセンとOpenAPがDigiday Media Buying andプランニング Awardの受賞を祝う

2分で読む|2022年4月
ニールセンはDigiday Media Buying andプランニング アワードを受賞しました。

ニールセンとOpenAPは、 Digiday Media Buying &プランニング Awardsに共同で応募し、Best Use of Technology部門で受賞したことをお知らせします。テレビにおける視聴者ベースのキャンペーンにシンプルさとスケールをもたらす先進的な広告会社であるOpenAPは、ニールセンと協力し、視聴者活性化のスピードを加速させ、ブランドによるキャンペーンの効率化と広告の無駄の排除を実現しました。

そこでニールセンは、テレビ向けの共通IDフレームワークであるOpenAPのOpenIDを、ニールセンのエンド・ツー・エンド・ソリューションであるNielsen Audience Plannerに統合しました。OpenIDは、ファーストデータ、セカンドデータ、サードパーティデータを活用して高度なオーディエンスを作成し、キャンペーンを迅速に市場で共有するためのソリューションです。 

この統合により、プランニング 、視聴者ベースのTVキャンペーンを実施し、測定する環境は、従来の年齢や性別のデモグラフィックと同じ機能を含み、さらに高度な視聴者という利点が加わった。OpenAPは、カスタム視聴者セグメントを即座に作成できるようになり、その結果、3週間以上かかっていた納期が、瞬時にセグメントを作成できるようになりました。 

第1回Digiday Media Buying andプランニング Awardsプログラムは、メディアバイイングとプランニング を近代化する企業、ブランド統合、テクノロジーを表彰するものです。また、ベスト・ユース・オブ・テクノロジー部門は、キャンペーン・パフォーマンスに最も大きくポジティブな影響を与えたテクノロジーの使用を表彰します。

ブランドが独自のファーストパーティデータへの投資を続ける中、そのデータを他のデータセットとリンクさせ、充実させ、プロセス全体で利用し、エコシステムを通じて配信できることが極めて重要です。ニールセンとOpenAPの統合は、広告主が自社のファーストパーティデータと他のデータセットをシームレスにリンクさせることで、キャンペーンの効率を高め、戦略的で行動志向のオーディエンスにフォーカスしたメディアバイを作成するためのターンアラウンドタイムを短縮します。ニールセンとOpenAPがAdvanced Audiencesを加速させることで、2021年には50以上のデータドリブンなリニア広告が生まれ、7500万ドル以上のメディア投資が行われた。

詳しくはニールセンについて Digiday Media Buying &プランニング Awards、受賞者一覧はDigiday Media Buying andプランニング Awards Guideをご覧ください。