02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

2014年1-2月期の通信業界総メディア支出は7%近く減少

1分で読む|2014年3月

2014年1-2月期の通信部門のメディア支出総額は、前年同期比で約7%減少しました。通信へのメディア支出総額の3分の2を占めるマルチプレイサービス(電話+インターネット+テレビ)へのメディア支出は1.6%減少した。このことは、ニールセンのマーケット・アップデート・テレコミュニケーションズからも明らかです。

2014年1-2月期の通信へのメディア支出総額は4,550万ユーロに減少しました。マルチプレイサービスへの支出は3,100万ユーロ弱に減少しました。ケーブル事業者、特にインターネットプロバイダーの総メディア支出は大幅に増加しました。

通信部門で最大の広告主はボーダフォンですが、支出は15%以上減少して1,030万ユーロになりました。-35%と、KPNの総メディア支出(750万ユーロ)の減少はさらに大きくなりました。大きな利益を上げたのはZiggoとUPCで、どちらも ニールセンについて 2014年は前年同期の2倍。両社がメディア予算を大幅に増やしたことは印象的ですが、今年初めにはUPCの親会社であるLiberty Globalが競合のZiggoを買収することが発表されました。

 

2014年の最初の2カ月で、通信事業者のテレビへの総メディア支出は9%減少した。したがって、最大のミディアムタイプのシェアはほぼ38%になりました。日刊紙は依然として22%近いシェアを持つ第2のタイプの通信媒体であるが、支出はほぼ30%と急激に減少した。2014年はラジオの利用が大幅に増加し、支出は75%以上増加して860万ユーロとなりました。その結果、2013年の10%から2014年の最初の2か月で19%に増加しました。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。