02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

アジア系アメリカ人

1分で読む|2018年5月

デジタルな生活と拡大する影響力

アジア系アメリカ人の消費者は、新しいアプリを受け入れ、新しいデバイスを試し、新しいプラットフォームでコンテンツを作成している。メディアの民主化のおかげで、アジア系アメリカ人の消費者は、ソーシャルメディアのインフルエンサーやコンテンツクリエイターとして成功し、自らの強力なブランドを築いている。スマートフォンやタブレット端末、マルチメディア機器を通じて、アジアの人々や文化とリアルタイムでつながることができるため、アジア系消費者は東洋と西洋をつなぐ真の架け橋となっている。

アジア系アメリカ人消費者の購買力は、2000年以降、全民族グループの中で最も急速に伸びており、2017年には9,860億ドルに達し、2022年には1兆3,000億ドルになると予測されている。アジア系アメリカ人の消費者は、かつてないほど影響力を拡大し、顧客、視聴者、有権者としての嗜好を表明している。そのため、アメリカ国民にサービスを提供するあらゆる組織にとって、アジア系アメリカ人を理解することがより重要になってきている。

本レポートは、アジア系アメリカ人の消費者が新しいメディアやテクノロジーを予測的に採用していることを明らかにしている。消費者がお気に入りの番組を見るために使うプラットフォーム、オンラインで購入するもの、日常生活を向上させるために選ぶアプリなどである。この多様なグループの中には、強力でパワフルなアジア系アメリカ人のミレニアル世代も存在し、そのプロフィールは年長者や非ヒスパニック系白人のミレニアル世代とは異なっている。アジア系アメリカ人はまた、スポットライトを浴び、フードブロガー、ソーシャルメディア・パーソナリティ、スポーツスターとして影響力を持つようになっている。

ブランドやマーケティング担当者にとって、本レポートはアジア系アメリカ人消費者とつながり、彼らのロイヤリティを獲得し、ビジネスを成長させるためのツールとなるだろう。

オンラインで購入した家庭用非食品

アジア系アメリカ人の家庭は、食品以外の家庭用品の購入が多く、オンライン・プロバイダーを利用して、必要なものを正確に入手し、満足度を高め、比較ショッピングを容易にしている。アジア系アメリカ人は、ヘアケア、口腔衛生、スキンケア、家庭用品、コンピューター・電化製品、家庭用品など、多くのカテゴリーで非ヒスパニック系白人よりもオンラインショッピングを利用している。

類似の洞察を閲覧し続ける