02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

マス・アピールスクリーンの多様性が異文化に与える影響を考察する

1分で読む|2018年6月

ここ数年、テレビは大きな変貌を遂げ、その原動力となったのは、人々がコンテンツを視聴し、生活を送る方法の進化である。視聴者の行動と人口統計の変化により、メディアの状況はより細分化され、その変化は、多文化化が進むアメリカの進化する人口統計を反映した番組をより多く生み出している。Z世代(1997年~2016年生まれと定義)は、現在アメリカ最大の世代であり、一般人口の27%を占め、ミレニアル世代に次いで多様性のある集団である。

Z世代はアメリカ最大の世代であり、一般人口の27%を占めている。

視聴者の変化の影響を証明するひとつに、多文化キャストを起用したテレビ番組の成功がある。トップクラスの番組とその視聴者を最近分析したところ、画面上の多様性がもたらす異文化への影響が浮き彫りになった。

視聴率だけでなく、多様なキャストやコンテンツが異文化間で評価されていることは、ファン層の親和性にも表れている。ニールセンのN-Scoreソリューションは、有名人の認知度、好感度、影響力を評価し、それが「ファン」の視聴率に反映される。これらの番組の主役数人のファンに関するN-Scoreデータを見ると、性別、年齢、民族性による視聴者層を超えて、多文化タレントが幅広くアピールしていることがわかる。

コンテンツ制作者、配信者、マーケティング担当者が、変化する消費者の状況をナビゲートするとき、多様なコンテンツの大衆的な魅力を理解することが、文化を超えて視聴者とつながるために極めて重要になることは間違いない。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。