02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

前進、しかし同一賃金ではない

3分で読む|ニールセン 多様性・公平性・インクルージョン プラクティス 多様な消費者のインサイトとイニシアチブ担当SVP ステイシー・M・デ・アルマス|2020年10月

ヒスパニック系コミュニティは、購買力の増加、富の獲得の増加、労働力率の上昇により、過去10年間に米国で大きな経済的進歩を遂げた。米国における同一賃金に関して言えば、ラテン系女性の平均賃金は白人男性の平均賃金よりはるかに低い。

経験や職種に関係なく、平均的なラティーナが前年度の男性の収入と同じだけの収入を得るには、1年のうちどれだけ働かなければならないかを示している。 

ニールセンのデータによると、ラテンアメリカ人 の賃金は下がっていないにもかかわらず、ラテンアメリカ人 の人口は変化し続けている。白人男性の収入と比較して、ラテンアメリカ人の賃金格差は過去40年間でニールセンについて 4セントしか縮まっていないと全米女性法律センターは推定している。白人男性に支払われる1ドルに対し、ラテンアメリカ人はわずか54セントしか稼げず、白人男性が1年で稼ぐ額を稼ぐには、推定23ヶ月働かなければならない。ラティーナ・イコール・ペイ・デイ(2020年10月29日)は、ラティーナの賃金が白人男性に追いつくまでにかかる時間を記念する日である。 

賃金の不平等に加え、COVID-19の大流行は、働く女性、特にラティーナに大きな打撃を与えている。2010年以降、ラテン系女性の労働力率は60%前後かそれ以上で推移している(2020年2月現在62%)。COVID-19が経済的・社会的に不釣り合いな影響を及ぼした結果、 ラティーナの労働力参加率は2020年9月時点で57%にまで低下し、この10年間ではまったく見られなかった水準となっている。 

ヒスパニックの人口と投票力は着実に増加し、教育、雇用、購買力においても大きなプラスの動きを見せている。しかし、ラテン系の賃金はほとんど停滞している。家庭内では、ヒスパニック系世帯は多世代世帯である可能性が40%高い。しかし、ラテン系世帯の人数が増え、収入に貢献する可能性のある人が増えても、全体的な収入は米国の平均世帯より低い。例えば、ヒスパニック系世帯の55%の収入が5万ドル以上であるのに対し、米国世帯全体では59%である。ラテンアメリカの賃金格差をなくすことは、彼らの世帯の収入の遅れを減らすことでもある。  

それでも、ラテン系消費者はその4セントの余剰資金を、ヒスパニック系消費者全体の購買力を1兆7,000億ドルにまで押し上げました。2024年には、この購買力はさらに伸びて2兆4000億ドルになると予想されています。ラテン系女性の同一賃金は、ヒスパニック系コミュニティを強化するだけでなく、米国経済全体をも活性化します。

ヒスパニック人口に関する詳細は、Nielsen.com/LatinoおよびNielsen Election Hub をご覧ください。

この記事に寄稿してくれたシャーリーン・ポライト・コーリーに感謝する。

類似の洞察を閲覧し続ける