本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ・ゲーム

ビッグ10効果:来年フットボールの新チームが4つ加わり、NCAAカンファレンスは主要市場でのテレビ放映範囲を拡大する。

5分で読む|2023年9月

全米の何百万人というファンを魅了するだけでなく、スポーツは大きなビジネスであり、特にテレビ放映権に関してはそうである。そして、商業的な機会を考えると、フットボールに勝るものはない。このことは、NCAA上位カンファレンスにおける最新のメンバー変更の中で、メディア業界が身をもって経験したことである。

この変更は個々のチームのファンダムに影響を与えることはないだろうが、最近の歴史の中で最も大規模なシフトであり、チームがどのようにテレビに映り、誰が試合を見ることができるかに影響を与えるだろう。

メディア業界の多くの側面と同様、視聴者がカンファレンス再編の重要な要素である。この再編は、2024年シーズンまで実施される予定である:ビッグ10に4チーム、ビッグ12に4チームが加わる。

他のパワーファイブ1カンファレンスの加盟校とは異なり、Pac-12は長期の放映権契約を結んでいない。たとえば、ビッグ10はCBS、FOX、NBCとの7年契約で、各加盟校に毎年 8000万ドルから1億ドルを分配するほどの利益を見込んでいる。この80億ドルの契約は、大学スポーツ史上最大のもので、契約者はミシガン、オハイオ州立大、ペンシルベニア州立大など、NCAAフットボールで上位にランクされ、最も視聴者の多いチームを利用できる。

カンファレンスのメンバーシップは、各加盟校のすべてのスポーツに影響を与えますが、近年のシフトはすべてフットボールのライブゲームに関連する権利に動機づけられています。2022年シーズン中の各カンファレンスのテレビ放映権に関連する価値の分析によると、来年発効する再編はSEC、ビッグ10、Pac-12に大きな影響を与える。

テレビ露出の価値は明らかだ。アメリカ人の3分の1がカレッジフットボールのファン2だと答えており、このリーグは(NFL、NBA、MLBに次いで)アメリカで4番目に人気がある。そして、大きなチームは大きな視聴者を集める:昨年のシーズン終盤の大一番、オハイオ州立大とミシガン大の対戦を観戦した視聴者3は1,700万人を超え、レギュラーシーズンで最高の視聴者数を記録した。ちなみに、昨年のNBAプレーオフ1回戦でブルックリン・ネッツがフィラデルフィア76ersと対戦したときの視聴数は230万人3近くだった。

ランキング上位のチームや伝統あるライバル関係は常に全国ネットのテレビ中継を必要とするが、カンファレンス加盟の変更の影響は、地元市場レベルでは異なる結果をもたらすだろう。昨年第8週のUCLA対オレゴン(両チームとも来年Pac12から離脱)の試合は、全国で334万3千人の視聴者を集めた。この2チームがビッグ10に加入すれば、カンファレンスのテレビ視聴者は全米と両海岸に拡大することになる。

カンファレンスの変更が、個々の試合だけでなく、地元のテレビ視聴率にどのような影響を与えるかをよりよく理解するために、2022年シーズンのロサンゼルス、ポートランド、シアトルにおけるPac-12とBig Tenのテレビ視聴の違いを調査しました。これらの指定市場地域(DMA)は、来年カンファレンスを変更する西海岸の4チームの本拠地である。

これら3つの市場の大きさにより、昨シーズンのパック12の番組はビッグ10の番組よりも123%多い世帯と151%多い個人視聴者にリーチした5。また、共同視聴の0.1の差は、額面上は取るに足らないものに見えるかもしれないが、3つのDMAの総視聴者数を掛け合わせると、はるかに意味のあるものになる。

カンファレンスの視聴率集計を分解すると、カンファレンスの変更が各市場に与える影響が見えてくる。UCLAとUSCのあるロサンゼルスは人口が多いにもかかわらず、来シーズンの視聴率が最も上昇するのはポートランドである。

ビッグ10が来年、USC、UCLA、オレゴン、ワシントンの加入によって恩恵を受ける一方で、ビッグ12は今年最もホットなカレッジフットボール・ストーリーの本拠地であるコロラド大学の加入によって恩恵を受けるだろう。コロラド・バファローズは、昨年NFLの伝説的選手、ディオン・サンダースがヘッドコーチに就任して以来、話題になっているが、開幕戦でTCU(テキサスクリスチャン大学)を逆転で下すなど、3勝1敗のスタートを切ったことで、彼らの試合はフットボールファンにとって必見のテレビ番組となった。実際、9月16日のコロラド州立大とのダブルオーバータイムでの勝利は、試合開始が午後10時(東部時間)過ぎだったにもかかわらず、930万人の視聴者3を集めた。9月23日の対オレゴン戦は、ライブおよび当日の視聴者数が1,000万人を超え、今季最大の視聴者数を記録した。

私たちの全国TV露出値分析では、コロラドが来年(アリゾナ、アリゾナ州、ユタとともに)加入するビッグ12に大きな変化(+1%)はないとされているが、地元TV視聴への影響は別の話だ。コーチ・プライムの影響はすぐに現れ、バッファローズの初戦のデンバーのテレビ視聴者数は昨年比117%増だった。そして、それは単なる出発点にすぎなかった。

世帯レベルの平均視聴率は976%アップ、2歳以上の視聴者では1,100%以上アップしている。バファローズへの誇大広告も、今年の共同視聴を15%押し上げている。

スポーツファンの間でNCAAカレッジフットボールの魅力に間違いはない。そして、重要なライバル対決は常に全国ネットのテレビ露出を要求するが、最近のNCAAパワー5カンファレンスの変更で、地元市場のテレビ視聴率がいかに関係チームの価値に貢献しているかを知ることができる。

情報源

1ディビジョンI NCAAフットボールで最も著名かつ高収入の5つのアスレチックカンファレンス:ACC, Big Ten, Big 12, Pac-12, SEC
2Nielsen Fan Insights; Q2 2023
3Nielsen National TV Panel; live + same day viewing (3 a.m.-3 a.m.)
4UCLA、USC、オレゴン、ワシントン
5Nielsen Local TV measurement

類似のインサイトを閲覧し続ける