ニュースセンター>コーポレート

ニールセンとWeiboが提携、広告主によるオンラインオーディエンスの理解を深める

2分で読む|2017年6月

6月27日、上海でニールセン デジタル広告視聴率および デジタルブランド効果に関するWeiboとの画期的なパートナーシップの発表会が開催されました。FMCG(日用消費財)、メディア、Eコマースなど様々な業界から400人以上のゲストやジャーナリストが参加し、デジタル視聴者測定の新たな扉を開くことを約束するコラボレーションを祝いました。

月平均3億4,000万人以上のアクティブユーザーを持つ中国最大級のソーシャルメディア・プラットフォームであるWeiboが、ニールセンデジタル広告視聴率の中国における主要データプロバイダーとしてテンセントに加わりました。当社のデータサイエンスの専門知識によって調整されたこれら2つの巨大なデータセットの組み合わせにより、オンラインオーディエンスの測定において新たなレベルの明瞭性ときめ細かさが実現します。

ニールセンデジタル広告視聴率は、微博の膨大なユーザーベースのタグ付けされた関心を活用することで、クライアントにオーディエンスの所得レベル、自動車所有の有無、世帯に子供がいるかどうかのイメージを提供できるようになりました。これら3つの要素は、ユーザーの消費習慣を決定する最大の要因であることが示されており、クライアントが具体的な行動嗜好によってオーディエンスを理解するのを支援する最初の分野となる。

「WeiboをDigital Ad Ratingsのデータプロバイダーとして契約することで、我々の測定はより包括的で信頼できるものになる。

Weiboのヴァイス・プレジデントであるワン・ヤファン氏は、ヴィシャール氏に続いてWeiboのソーシャルメディアの視点からの洞察を発表し、「ソーシャルメディアはビッグデータの力を発展させ、測定は精密なマーケティングを推進する鍵である」と、新たなパートナーシップへの意欲を示した。

「モバイル・インターネット・マーケティングの違いは、ユーザーのアイデンティティと関心を正確に認識することであり、ブランドがオンラインでユーザーと深く交流するのを助け、マーケティング・キャンペーンの効果と広告のROIを高めることができる。Weiboとニールセンの提携は、企業のモバイルインターネットへの移行を支援する指標を確立することを望んでいる」と新浪微博の王雅娟副社長は述べた。

同イベントでは、デジタル・ブランド・エフェクトの中国でのデビューも発表され、ブランドは重要な指標であるブランド・リフトを計算することで、デジタル広告が消費者に与える真の影響力を計算し、理解することができる。このソリューションにより、広告主はインタラクションによるマーケティング効果を測定できるだけでなく、露出後の消費者の意見の変化、例えば広告に注目したかどうか、消費意欲が高まったかどうかなどをさらに理解することができる。