本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

ニールセンとウェイボー、広告主によるオンライン視聴者の理解を深めるために提携

2分で読めるシリーズ|2017年6月

6月27日、上海で開催されたローンチイベントで、ニールセンのデジタル広告視聴率および デジタルブランド効果に関するWeiboとの新しい画期的なパートナーシップをスタートさせました。FMCG、メディア、Eコマースなど様々な業界から400人以上のゲストとジャーナリストが参加し、デジタル視聴者測定の新たな扉を開くことを約束するこのコラボレーションの祝賀会を盛り上げました。

月平均3億4000万人以上のアクティブユーザーを持つ中国最大のソーシャルメディアプラットフォームの一つであるWeiboが、中国におけるニールセンデジタル広告視聴率の主要データプロバイダーとしてテンセントに加わりました。ニールセンのデータサイエンスの専門知識によって調整されたこれら2つの巨大なデータセットの組み合わせにより、オンラインオーディエンスの測定において新たなレベルの明確さときめ細かさが実現されます。

ニールセンデジタルアドレーティングは、微博の膨大なユーザーベースのタグ付けされた興味を活用することで、クライアントにオーディエンスの所得レベル、自動車所有の有無、世帯に子供がいるかどうかのイメージを提供することができるようになりました。この3つの要素は、ユーザーの消費習慣を決定する最大の要因であることが示されており、クライアントが特定の行動嗜好によってオーディエンスを理解することを支援する最初の分野となる予定です。

冒頭、ニールセン中国のマネージングディレクターであるビシャール・バリは、「デジタル広告視聴率のデータ提供者としてウェイボーと契約することで、我々の測定はより包括的で信頼性の高いものになるだろう」と述べました。

Vishalに続いてWeiboの副社長であるWang Ya JuanがWeiboのソーシャルメディアの視点からの洞察を発表し、新しいパートナーシップに対する熱意を表明しました。"ソーシャルメディアはビッグデータの力を開発し、測定は精密マーケティングを推進する鍵となる "と述べています。

「モバイルインターネットマーケティングの違いは、ユーザーのアイデンティティと興味を正確に認識することであり、ブランドがオンラインでユーザーと深く交流し、マーケティングキャンペーンの効果と広告のROIを高めることができるようにすることです。微博とニールセンの提携は、企業のモバイルインターネットへの移行を支援できる指標を確立したいという願いからだ」と新浪微博の副社長、王雅娟氏は語った。

このソリューションにより、ブランドは、ブランドリフトという重要な指標を算出することで、デジタル広告が消費者に与える真の影響力を計算し、理解することができます。このソリューションにより、広告主はインタラクションによるマーケティング効果を測定できるだけでなく、露出後の消費者の意見の変化、例えば広告に注目したかどうか、消費意欲が高まったかどうかなどをさらに理解できるようになります。