ニュースセンター>製品

ニールセン、ラジオの為替データと視聴者インサイトを融合し、ニュージーランドのメディアプランニング を変革

2分で読む|2021年11月

オークランド(ニュージーランド)、2021年11月22日-ニールセンNYSE: NLSN)は本日、ニュージーランドのラジオ放送事業者協会と共同で、ニールセンのコンシューマー&メディアインサイト(CMI)データで得られる詳細なオーディエンスインサイトとラジオカレンシーデータを融合させるエキサイティングな新事業を発表した。これにより、ラジオ聴取者の消費内容、購入意向、クロスメディア・エンゲージメント、多様なライフスタイルや態度に至るまで、より豊かなプロファイリングが可能になる。

この発表はラジオデータとしてはニュージーランド業界初で、ニールセン・コンシューマー・メディア・インサイト(CMI)で2021年11月25日に配信される。 

融合されたラジオ通貨が含まれることで、代理店、メディアオーナー、広告主は、ニュージーランド全土の13の市場、8つのデイパート、20以上のナショナル・ラジオ・ブランドの平均視聴者数と累積視聴者数のインサイトを得ることができる。 

ニールセン・ニュージーランドのエグゼクティブ・ディレクター、トニー・ボイト氏は次のように述べている:「ニールセンは視聴者メディアプランニング を次のレベルに引き上げる準備が整っています。私たちは、初めてCMIとラジオ通貨データの高品質な融合を提供し、ますますユニークで多様化するニュージーランドのラジオ視聴者の態度、消費嗜好、購入意向をより深く理解できることを嬉しく思います。ニールセンは、テレビ視聴者測定やオンライン視聴率もCMIと融合させ、マーケティング担当者のメディアプランニング の決定をサポートしてきた長い歴史があります。"

ラジオ放送協会のヤナ・ランゴーニ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べている:「ラジオ通貨の視聴者とニールセンCMIの融合は、ニュージーランドの広告市場におけるラジオの関連性と価値をさらに強化します。プランナーやバイヤーにとって差別化要因となるCMIによるプロファイリングによって、ラジオの測定が確実に拡張される」と述べた。

ラジオ局のゼネラル・マネージャー、ピーター・リチャードソンは、「GfKの調査は、1年のうち40週にわたって市場で実施されており、最新の質の高いラジオ聴取データを提供しています。このデータをニールセンのCMIに融合させることで、ニュージーランドのメディア消費の全体像を把握することができ、代理店はより深い洞察を得ることができます。ラジオ局は、このイニシアチブをサポートできたことを誇りに思います。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE:NLSN)は、メディア業界の全体的かつ客観的な理解を提供するための世界有数のデータと分析を提供しています。ニールセンはオーディエンスの測定、オーディエンスの成果、コンテンツに関するサービスを通じて、クライアントとパートナーに複雑な問題に対するシンプルなソリューションを提供することで、クライアントの投資や成長戦略の価値を最適化しています。ニールセンは、重複を排除したクロスメディア・オーディエンス測定を提供できる唯一の企業です。ニールセンとクライアントにとって、Audience is Everything であり、ニールセンはすべてのオーディエンスの声が重要であることを保証することに取り組んでいます。

S&P 500 企業であるニールセン(NYSE: NLSN)は、世界 55 カ国以上で事業を展開しています。詳しくはwww.nielsen.comまたはwww.nielsen.com/investorsをご覧ください。

お問い合わせ

ニールセン

サラ・グアイナッツィ

sara.guainazzi@nielsen.com