ニュースセンター>イベント

ニールセン、2024年のアースデイと世界ボランティア月間を祝う

4分で読む|2024年5月

4月、ニールセンは、2024年4月18日に毎年恒例となっているアースデイを頂点とする初のグローバル・ボランティア月間を認定し、ボランティア活動と環境保護活動を祝いました。 

グローバル・ボランティア月間は、ニールセンが従業員にボランティア活動を奨励し、持続可能性と成長を重視する当社の一環として、地域社会との関わりを深める機会となりました。ニールセンの社員は、年間を通じて24時間のボランティア活動に参加することができます。ボランティア活動は、従業員のエンゲージメントとチームビルディングをサポートしながら、地域社会における社会的・環境的インパクトを促進するのに役立っています。 

世界29カ国で750人以上のニールセン社員がボランティア活動や教育イベントに参加し、公共の公園やビーチの清掃、雨水利用やリサイクルなどニールセンについて 、1日菜食主義を実践して二酸化炭素排出量を削減、動物を特定して自然保護活動に貢献するなど、さまざまな活動を行った。 

コーポレート・シチズンシップ・チームとのパートナーシップのもと、当グループのグリーン・ビジネス・リソース・グループ(BRG)は世界各地でイベントを開催し、166のイベントと個々の活動で合計約3,000時間のボランティアとエンゲージメントを行いました。

ウェンデル・ベリーが言ったように、"地球は私たちみんなが共通して持っているもの "であり、今年は、地球に対するより良い認識と感謝の気持ちを促進し、発展させるという共通の目標を達成するために、みんなが集まっているのを見ました。「私がグリーンBRGリーダーになったのは、同じ熱意と関心を持ち、環境への情熱と配慮を共有する人々と出会い、共に働くためです。志を同じくする多くの人たちを見ると、信じられないほど嬉しくなります。何か意味のあるものへの帰属意識とつながりを感じるのです」。

また4月には、ニールセンと非営利団体クライメート・セントラルが、異常気象と気候変動に関する米国のテレビ報道を分析した新レポートを発表した。報告書の調査結果は、主席研究員とのコミュニティ対話の中で従業員に発表された:ニールセンのビジネス・ダイバーシティ、ESG、リスク担当ディレクターのジョセリン・アザダ氏、ニールセンのソフトウェア・エンジニアのダナ・サイラー氏、クライメート・セントラルのクライメート・サイエンス担当シニア・リサーチ・アソシエイトのケイトリン・トルドー氏である。本レポートは、Data for Good®のスキルに基づくボランティア・プログラムを通じて、このプロジェクトに1,000時間以上のボランティア時間を提供したニールセン社員10数名による、数ヶ月にわたる調査とデータ分析の集大成です。 

4月の「グローバル・ボランティア月間」と「アースデイ」以外にも、ニールセンのサステナビリティとコミュニティ参画へのコミットメントは年間を通じて継続されています。例えば、2024年の環境およびコミュニティ参画の目標に向けた取り組みを継続しています: 

  • オンプレミスのアプリケーションサーバーのフットプリントを10%に削減します。
  • 出張旅費を2019年のCOVID以前の基準から25%削減する。
  • フィールドオペレーションチームを通じて管理されているすべての電子廃棄物が埋め立て地から転用され、リサイクル、再生、または再利用されていることを確認します。
  • 地域志向のプログラムへの従業員の参加を30%に増やす。 

2024年ESGレポートで、これらの目標に関する最新の進捗状況をお伝えできることを楽しみにしています。