02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ポップな広告:ネイティブ動画広告がジャリトスのオンライン・フィズをいかに高めたか

2 分で読めます |2013年3月号

ニールセンによると、2012年12月、アメリカ人は3,600億分以上をオンラインで過ごし、なんと246億本の動画をストリーミングしました。この膨大な時間帯は広告主にとって大きなチャンスですが、消費者の選択やメディアがデバイス間やデバイス内で拡大するにつれて、オンラインで消費者と有意義なつながりを築くことは困難な場合があります。広告主がオンラインで新しい機会を模索する中、最近の調査では、長さ制限のない、コンテンツベースのユーザーが開始する新進の広告フォーマットであるネイティブ動画広告の力が浮き彫りになっています。

ニールセンの新しいケーススタディによると、ネイティブ動画広告は、天然フレーバーの清涼飲料ブランドであるJarritosを含む5つの主要な広告主にとって、ブランドリフトを促進する上で成功した選択肢であることが証明されました。

オンライン動画広告配信会社のシェアスルーは、ニールセン・オンライン・ブランド・エフェクトを起用し、認知度、購入意向、好感度などのブランドリフト指標に影響を与えるネイティブ動画広告の効果を、動画コンテンツの前に自動的に再生される一般的なプリロール動画広告ユニットと比較した。この調査では、シェアスルーは5つの広告主のキャンペーンすべてにおいて、プレロール広告とネイティブ広告の両方のフォーマットで同じクリエイティブメッセージを配信しましたが、プレロール広告の長さは15秒または30秒に制限されました。

このケーススタディでは、キャンペーンのカテゴリーやマーケティング目的に関わらず、ネイティブ動画広告が5社の広告主すべてにおいてプレロール広告を上回った。例えば、ブランド好感度の向上が主なマーケティング目的であったJarritosのキャンペーンでは、次のような結果が得られました:

  • ネイティブ広告は、広告に接触したユーザーの82%のブランドリフトを生み出した。
  • プレロールユニットは、広告に接触したユーザーのブランドリフトを2.1%増加させた。

ますます細分化され、混雑しているメディアの状況において、どのクリエイティブ、パブリッシャー、広告フォーマットがオーディエンスの心に最も響くかを理解することは、ブランドリフトを高めるか、重要な広告費を無駄にするかの分かれ目となります。可能な限り、各要素のブランドインパクトをテストし、どれが最も効果的にメッセージを伝えられるかを見極めましょう。

ジャリトスや大手消費財広告主に関する追加調査結果を含むケーススタディの全文は、こちらをクリックしてください。

方法論

ニールセン・オンライン・ブランドエフェクト(旧ヴィズ・アド・カタリスト)は、広告主がデジタルメディアのエコシステムと連携し、ブランドリフト指標をリアルタイムで最適化することを可能にします。消費者のセンチメントは、サンプリングされた各消費者に質問するウェブ投票を通じて把握され、キャンペーンの主要目的に対するパフォーマンスを測定します。直感的なウェブベースのダッシュボードは、主要目的に対する広告のパフォーマンスだけでなく、クリエイティブ、フリークエンシー、オーディエンスセグメントなど、全体的なブランドリフトを促進するその他の重要なキャンペーン要素も表示します。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。