02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

有料ソーシャル広告の台頭 統合広告アプローチの完成

2分で読む|2013年2月

ソーシャルメディア環境の隆盛の中、マーケティング担当者は、ソーシャルメディア広告をマーケティングツールの一部として統合的に捉えるようになってきている。ニールセン傘下のVizuの最新レポートによると、大多数の広告主は、他のオンライン広告やオフライン広告と組み合わせてソーシャルメディア広告を利用していると回答している(それぞれ66%と51%)。主にソーシャルだけのキャンペーンを実施していると回答した広告主はわずか5%に過ぎない。ソーシャルメディア広告は、スポンサード・コンテンツ、ブランド・グラフ、インフルエンサーへの影響力といった独自の戦術を用いるが、これらはあらゆる統合キャンペーンの標準的な側面へと成長した。

どのオンライン戦術と並行してソーシャルメディア広告を実施するのが一般的かという質問に対し、広告主の回答のトップ3は、オンラインディスプレイ(83%)、オンラインビデオ(46%)、モバイル(40%)だった。オフラインの世界では、広告主はソーシャルメディア広告を印刷物(52%)と組み合わせ、次いでテレビ(37%)と答えた。

ブランドマーケティング担当者は、統合キャンペーンの一環としてソーシャルメディア広告を実施しているだけでなく、ダイレクトレスポンス戦術ではなく、主にブランディングツールとして利用している。広告主の半数近く(45%)が、認知度向上やブランド意見への影響など、ブランディングのためにソーシャルメディア広告を利用していると回答している。16%だけが、彼らの努力は、製品トレイルやサイト訪問を促進するなど、主に直接反応に関連していると述べている。

「ニールセンの広告効果担当プロダクトリーダーシップSVPであるジェフ・スミスは、「ソーシャルメディア広告が増加する中、マーケターが投資を正当化するために、真の投資対効果の指標を求め始めているのは当然のことです。「そして、ソーシャルメディア広告は、統合されたブランディング関連のキャンペーンの一部となることが増えており、ブランドリフトや売上リフトなど、他のメディアで使用してきたものと一貫性のある指標に対する真の需要があります。

有料ソーシャルメディア広告:業界の最新情報とベストプラクティスレポートはこちらから

ソーシャルメディアと新しい広告エコシステムに関するニールセン・ウェビナーの詳細、お申し込みはこちらから。

方法論

調査結果は、ニールセン傘下のVizuがデジタルマーケティングとメディアの専門家500人以上を対象に行った、ソーシャルメディア広告の有料化に関する意識と実践に関するオンライン調査から得られた。調査は2012年秋にDigidayによって実施された。

類似の洞察を閲覧し続ける