本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

脳活動はソーシャルテレビへの関与を予測する

1分で読めるシリーズ|2015年4月

デジタル化が進む今日、ソーシャルメディア(Twitter、Facebookなど)は私たちの生活に欠かせない存在であり、交流の仕方、アイデアの共有、ニュースの追い方、消費者の好みを含む意見形成の仕方などを形成しています。

特にテレビでは、ソーシャル活動が、テレビ視聴者の社会的な時代精神を捉える上で業界を支えています。実際、ここ数年、ネットワークは番組固有のハッシュタグ、Twitterプロモーション、番組主導のTwitterエンゲージメント(俳優やクリエイターが番組中にリアルタイムでツイートを投稿したり、舞台裏のコンテンツを宣伝したりする)を利用して、Twitterの会話をより統合・融合するようになっています。

テレビの視聴率もTwitterのエンゲージメントも、テレビ番組そのものを反映している。視聴者を惹きつける可能性が高い成功した番組があれば、視聴者を引きつけることができない平凡な番組や期待はずれの番組もある。しかし、番組内の出来事が視聴率やTwitterのエンゲージメントに変化をもたらすメカニズムは未解明である。あるテレビ番組では視聴者が自分の考えや感想を他人と共有せざるを得ないのに、他の番組ではそうならないのはなぜでしょうか。

本研究では、テレビ番組中のTwitterへの関与を予測するために、脳活動をどのように利用できるかを探りました。

類似のインサイトを閲覧し続ける