本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

ミレニアル世代を中心に普及が進む利用型保険

2分で読めるシリーズ|2016年3月

使った分だけお金を払うという考え方は、新しいものではありませんが、特定の業界にとってはそうなのです。例えば、出版社は何十年も前から新聞や雑誌を定期購読で販売していますが、このモデルは他の分野でも、オーバーザトップビデオコンテンツ、オフィススペースの使用、さらにはファッションなどでもおなじみになってきています。また、技術の進歩に伴い、利用ベースの保険(UBI)も、特に若いドライバーの間で急速に普及してきています。

UBI事業者にとって、顧客の受容は大きなハードルです。その主な理由は、ニールセンについて プライバシー、車の故障、運転レポートの正確さへの懸念です。これらの懸念は、UBIが車両から保険会社に運転習慣情報を送信する車載テレマティクス技術を必要とすることに起因しています。それでも、コネクテッド・テクノロジーが急速に普及していることから、米国の世帯のUBI保険への加入率は上昇傾向にあり、2013年の13%から2015年には20%に増加しています。

多くの現代テクノロジーの進歩と同様に、ミレニアル世代(1977~1995年生まれ)は、年上の世代よりもUBIをいち早く導入しています。実際、ニールセンの2015年保険追跡調査によると、ミレニアル世代は平均的な消費者よりも44%多く、割引と引き換えに保険会社のデバイスを使用して運転行動を追跡していることが判明しました。さらに、収入が75,000ドル以上の高級ミレニアル世代は、こうしたプログラムを利用する可能性が79%も高いことが分かっています。

では、消費者にとってのメリットは何でしょうか。本当の運転行動をより反映した保険は、コスト削減の可能性を意味します。注目すべきは、参加した消費者には更新時に累積的な割引が与えられることで、通常、保険料の5%から30%の範囲となる。さらに、ドライバーはオンラインやモバイルアプリで割引状況を確認することができます。

キャリアは通常、割引をベースに計算します。

  • 走行距離
  • 制動活動
  • 走行速度
  • 駆動する時間帯

この情報を収集することで、保険会社は、アクチュアリーによる多くの統計に基づいた予測的リスクモデリングと比較して、リアルタイムのデータを分析することができます。これにより、保険会社は新商品を開発することができ、自動車保険料の価格設定の精度を高めることができます。

2020年までには、新車の90%にテレマティクス技術が搭載されると言われています。これにより、多くの通信事業者がこれまで収益性のハードルとしてきた製造コストの問題の多くが明らかに解決されることになります。また、通信事業者との新たなパートナーシップにより、テレマティクスはジオロケーション、車両診断、ロードサイドアシスタンス、若年運転者のためのペアレンタルコントロールなどの追加機能を含むようになり、保険会社がより正確に、より効率的に保険料を設定できるようになる可能性があります。

詳細については、インサイト 、使用ベース保険とテレマティクスのレポートをダウンロードしてください。