02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

コーナーアイス:ナショナル・ホッケー・リーグで最もホットな新しいスポンサーシップ不動産

1分で読む|2018年11月

2018年のオールスターゲームと中国でのエキシビションプレーで実験を行った後、ナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)はアイスリンクの四隅に新たなスポンサーシップスペースを開設した。

2018-2019シーズンは全31球団が広告用不動産を活用し、新たな収益をもたらすとともに、試合中継中にスポンサーブランドに貴重な露出を提供している。

10月のニールセン・スポーツ24のデータを分析したところ、コーナーアイスは試合放送中に平均46分間テレビに露出した。また、コーナーアイスは、レギュラーシーズン開幕から4週間で、累計2,090万ドルのクオリティ・インデックス(QI)メディアバリューを提供した。

以前は何もなかった氷のコーナーのスペースを使うことは、スポンサーにとってもチームにとってもメリットがある。コーナーアイスのブランディングは、ダッシャーボード、ニュートラルゾーンのアイスブランディングに次いで、現在3番目に価値のある会場内サインである。実際、2つの異なるNHLチームのコーナーアイスに掲出されたあるブランドは、10月の1ヶ月間だけで、試合中のテレビ放送で100万ドル近い露出を記録した。

コーナーアイスのブランディングは44平方フィートに制限されている。氷上のロゴの色や鮮明さ、カメラアングルは、視認性に影響し、したがって露出の価値にも影響する。

各球団は、レギュラーシーズン中はコーナーアイススペースのスポンサー権を管理する。NHLはウィンター・クラシック、グローバル・シリーズ、プレーオフなどの特別イベント期間中の権利を持つ。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。