02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

1日国際クリケットはまだクリケットファンの心の中にあるのでしょうか?

3分で読める|ニールセンスポーツ、クライアントサービスエグゼクティブ、アヴィナエシュ・カンダサミー、ニールセンスポーツ、クライアントエグゼクティブ、ウィリアム・デンプシー|2019年7月

ワンデイ・インターナショナル VS TWENTY20

Twenty20クリケットの台頭は、ODI(One Day International)フォーマットが消費者にとって適切であり続けるかどうかに疑問を投げかけている。2019年ICCメンズクリケットワールドカップがスリリングな幕切れとなったことを受け、ニールセンはオーストラリアのクリケットファンとスポンサー候補が来年のICC Twenty20ワールドカップ開催を見据える中、2つのリミテッドオーバーズフォーマットの健康チェックを実施した。

ニールセンのSportsLink調査によると、ファンのエンゲージメントとエンターテイメント価値に関して、クリケットの消費者*はODIフォーマットを20オーバーゲームと同等に見ている。クリケットファンは、ODIと比較すると、Twenty20の方がテンポが速く、革新的だと考えている。しかし、同じグループは、戦略や名声に関しては、ODIの方が短いフォーマットよりも上だと考えている。

この分析では、クリケット・ワールドカップの威光がクリケットへの関心を著しく高め、それが両ホワイトボールフォーマットへの関心を継続させるであろうことが強調されています。ODIフォーマットの今後の明確な課題は、ワールドカップの開催年以外でも、そのレベルを維持し続けることでしょう。

2019年男子ICCワールドカップ(ODI)

今大会は、16歳以上のオーストラリア人620万人以上の関心を集めた。クリケット・ファンは国民の44%を占め、59%のファンがこの大会にチャンネルを合わせたと答えている。

ニールセン・ソーシャル・コンテンツ・レイティングスは、ワールドカップがODIクリケットのファン参加レベルに与える影響を明らかにした。Facebook、Instagram、Twitterのゴールデンタイムにおけるインタラクションは、今年1月に行われたオーストラリア対インドのODI3連戦の平均と比較すると、オーストラリア対インドのワールドカップ・グループラウンドの試合では68%増加し、Twitterのユニークエンゲージメントだけでも83%増加した。同じ傾向は、オーストラリアがワールドカップでパキスタンと対戦した際にも、3月に行われたODIシリーズと比較しても明らかだ。

ソーシャル・インタラクション全体の平均47%がインスタグラム、29%がツイッター、24%がフェイスブックである。

次はどうする?

2020年、オーストラリアで男女のICCトゥエンティ20ワールドカップが開催される。大会主催者は、この大会の注目度の波に乗ろうと、3月の女子決勝戦でMCGを10万人以上のファンで満員にすることを目指している。これは、現在アメリカで開催されている1999年FIFA女子ワールドカップ決勝が保持している、女子スポーツイベントとしての記録を破るためのものである。

ICCトゥエンティ20ワールドカップは、男子・女子ともに、世界中のクリケットファンにテンポの速いエキサイティングなアクションを約束する。

*ファンとは、16歳以上で特定のスポーツに興味がある、あるいは消費したことがある人のこと。

類似の洞察を閲覧し続ける