本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ・ゲーム

ニールセンTV次世代ビデオゲーマーを知る

1分で読めるシリーズ|2019年10月

X世代やミレニアル世代が子どもだった頃、ビデオゲームを遊ぶといえば、ゲームセンターに行くか、家庭用ゲーム機でアクションに飛び込むかのどちらかでした。しかし、2019年の子どもたちにとっては、スクリーンさえあれば、何でもゲームプラットフォームになり得ます。これは、スワイプするだけでゲームができることを意味するだけでなく、多くのトップゲームがプラットフォーム間で利用可能であることを意味します。つまり、10代の子どもたちは、どのプラットフォームやデバイスを使っても、友だちと一緒に人気ゲームに参加できるのです。このように考えてみてください。フォートナイト』やマインクラフト』のような成功例は、タイトルがコンソール所有者に限定されていた時代には起こり得なかったでしょう。

信じられないかもしれませんが、10代の子どもたちは、デジタル・ゲームにかなりの貢献をしています。しかし、ゲームメーカーは、この驚くほど貴重な客層に対応するために、ビジネスモデルを適応させています。SuperData 社の主席アナリストである Carter Rogers 氏に、この層のゲーム習慣、消費力、新しいゲームの発見方法について、インサイト を提供してもらって、詳しく話を聞きました。

次世代ビデオゲーマーに関するその他の情報は、Nielsen SuperData社の新しいPreteen Gamersレポートに記載されています。

類似のインサイトを閲覧し続ける