ニュースセンター>多様性

第5回ニールセン従業員リソースグループ体験週間がアソシエイトに活力を与え、ビジネスの成長を促進

4分で読む|2018年7月

先日、第5回ニールセン従業員リソースグループ(ERG)エクスペリエンスウィーク(通称enERGizeウィーク)を開催しました。2014年に始まったenERGizeウィークは、ERGのメンバーシップとエンゲージメントの価値とメリットを世界的に紹介するものです。ニールセンでは、ERGはダイバーシティ&インクルージョン(D&I)戦略の要であり、特に次の5つの柱からなる戦略の「リテンション」の柱を果たしています。 5つの柱.ニールセンには9つのERGがあり、各グループは、顧客と会社の利益のためにイノベーションを推進しながら、人材獲得イニシアティブ、コミュニティ支援、教育をサポートすることで、ビジネスインパクトを提供することを任務としています。

ニールセンのenERGize week 2018は、enERGize 2018のテーマを紹介した当社のチーフ・ダイバーシティ・オフィサー、アンジェラ・タルトン率いる、スペインのマドリードからグローバルに放送された2つのタウンホールディスカッションで幕を開けました:"私たちの力"。 今年のテーマは、ニールセンのERGとクライアントとのコラボレーションを刺激することを目的とし、当社のコアバリューの1つを体現しています:Connected」です。

アソシエイトはこの1週間、多様なチームとのコミュニケーショ ンのための効果的な戦略の開発、メンター関係の育成、変化の時 代に仕事で活躍するためのワークショップにバーチャルと対面 で参加した。このような専門能力開発の機会は、ERGが年間を通じて提供しているもので、社員のキャリアにプラスの影響を与え、新たなスキルを身につけ、会社の優先事項やD&I戦略に関わり続けることを可能にしています。

アソシエイトのERGへの参画をさらに活性化し、重要なグローバルクライアントとD&Iへのコミットメントを共有するため、アンジェラはいくつかの欧州オフィスを訪問した。スペインのマドリード、イギリスのオックスフォード、ポーランドのワルシャワ、トルコのイスタンブールを訪問した際、アンジェラはアソシエイトやリーダーと面会し、どうすればERGへの取り組みを継続的に推進できるか、ベストプラクティスを共有し、クライアントとの戦略的パートナーシップの機会を見出すことができるかについて、彼らの見解を聞いた。

ポーランドで開催されたエナジャイズ・ウィークのパネル
アンジェラ・タルトンが、ワルシャワ・オフィスでフェイスブックとマリー・ブリザール・ワイン・アンド・スピリッツの代表を招いてクライアント・パネルを開催。

アンジェラはまた、ヨーロッパ各地を訪問した際、何人かの重要な顧客と関わった。彼女は LEADネットワークグラクソ・スミスクライン(GSK)とプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の代表とともにLEADネットワークのパネルで講演し、またコカ・コーラの英国オフィスを訪問して、D&I戦略とERGがどのように企業間のコラボレーションを促進できるかについて議論した。この商工会議所は、ポーランドの国際投資家の代弁者であり、米国のフォーチュン500社のうち80社が加盟している。アンジェラは最後に、ワルシャワでフェイスブックとマリー・ブリザール・ワイン・アンド・スピリッツ・ポルスカの代表とパネルディスカッションを行った。

「当社のERGは、社内外のあらゆる活動にダイバーシティとインクルージョンを浸透させるために不可欠なツールです。社内では、ERGは従業員に可視性、アクセス、機会を提供し、採用、定着、専門能力開発を支援します。社外では、ERGは顧客とのエンゲージメントへの扉を開くパイプ役です。ERGを通じて、私たちは違いを認め、革新と "The Power of We "を称え、私たちのビジネスだけでなく、クライアントにも利益をもたらす包括的な文化を育んでいます。

私たちが年間を通じて「私たちの力」を活性化させる方法のひとつに、メンタリングがある。この1週間、私たちはmyMentorと呼ばれるバーチャル・メンタリング・プラットフォームを立ち上げ、メンターとメンティーのマッチングを促進しました。さらに、メンティーがメンタリング関係を最大限に活用できるよう、いくつかの仮想セッションを開催しました。ニールセンでは、メンターシップを推奨しています。なぜなら、メンターシップは従業員のエンゲージメントを高め、ニールセンの従業員体験の柱であるGrow With Usを可能にすることが証明されているからです。

アンジェラのヨーロッパでの参加は、当社のグローバルD&I戦略とERGに対する認識とエンゲージメントを高めるためのenergize 2018の推進を例証するためのものでした。私たちの取り組みは、グローバルな従業員に活力を与えることに成功しました。約100のセッションを通じて、5,600人以上の社員と19のクライアントを巻き込みました。新たに6つのERG支部(すべて米国外)を設立し、グローバルERGの会員数を約600名増加させた。

「ニールセンの9つのグローバルERGは、社員とグローバルD&I戦略、会社の優先事項、顧客、そして社員が生活し働く地域社会とを同時に結びつけています。「従業員を活性化させ、ERGが従業員のキャリアと当社のビジネスにどのような利益をもたらすかを教育することが重要です。"

詳細ニールセンについて 当社のERGとグローバルなダイバーシティ&インクルージョン戦略.