ニュースセンター>責任と持続可能性

ニールセン、ブルームバーグ男女平等指数に2年連続で採用

2 分で読めます |2020年2月発売

ニールセンは、2020年ブルームバーグ男女平等指数(GEI)に採用されたことを誇りに思います。この指数は、政策立案、代表、透明性を通じて男女平等の支援に取り組む上場企業の財務実績を追跡するものです。ニールセンは2年連続でこの指数に採用されました。

2020年 ブルームバーグ男女平等指数

GEIは2020年に拡大され、50業界にわたる42の国と地域から325社(230社から増加)が参加することになった。今年は、市場調査、銀行、消費者サービス、エンジニアリング、小売など多様な業種から、84の国と地域にまたがる6,000社が指数の対象となった。リファレンス・インデックスは、女性のリーダーシップと人材パイプライン、同一賃金と男女平等賃金、包括的な企業文化、セクシュアル・ハラスメント対策、親女性ブランドという5つの柱で男女平等を測定している。 

「ニールセンのダイバーシティ&インクルージョン担当シニアバイスプレジデントであるサンドラ・シムズ=ウィリアムズは、「2020 GEIに参加することは、ニールセンがジェンダー平等を推進するために行っていることが、当社の戦略と人材ポリシーの中に織り込まれていることを示すものです。「ニールセンの多様性とインクルージョン担当上級副社長のサンドラ・シムズ=ウィリアムズは、次のように述べています。「これは、グローバルな男女平等を支援するための重要な第一歩である、ジェンダー関連の報告における透明性とリーダーシップへのコミットメントを示すものです。

ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)は私たちのすべての活動に不可欠であり、私たちは継続的に私たちの代表性を測定しています。2019年11月現在、当社の米国の従業員は49%が女性で、38%が人種的・民族的に多様です。この指標をレベル別に見ると、シニア・リーダーの役割の40%以上を女性が占めており、2019年1月から2%増加しています。私たちの目標はこの数字を46%にすることであり、これは最高経営責任者(CEO)のデイビッド・ケニーが2年間で7%代表を増やすというLEAD誓約書に署名した理由でもある。