ニュースセンター>多様性

ニールセン・レポート、自動車業界にとって多文化消費者とのつながりを促進することが重要であることを発見

3分で読む|2020年7月

ニールセンの年次報告書は、自動車マーケティング担当者が今日の自動車購入者の行動と声を把握するのに役立つ

ニューヨーク - 2020年7月28日 -ニールセン(NYSE: NLSN)は本日、様々な民族的・人種的背景を持つ買い物客が、ブランド認知、ブランド検討、広告想起において、一般的な自動車購入層とどのように異なるかを調査した年次自動車マーケティングレポートを発表した。この調査は、自動車マーケティング担当者が多文化消費者の関心を高める方法を理解することを目的としている。

報告書によると、多文化グループの買い物客は、一般的な人々よりも少ないブランドを認識する傾向があるが、最終的には購入までの経路でより多くの選択肢を検討する。つまり、自動車マーケティング担当者は、COVID-19の回復にとって重要である、長期にわたってこれらのオーディエンスをエンゲージする機会がより多くあるということである。このレポートのデータは、ニールセンの「自動車購入までの経路」シリーズから収集されたもので、米国の自動車産業がすでに成長課題に直面していた、パンデミック前の時期のものである。そのため、大きく変化したとはいえ、自動車業界が回復戦略を練る上で、現在の危機からの洞察と重ねた調査結果はこれまで以上に重要である。

多文化消費者は、新車購入の際、ユニークで明確な購入経路をたどる。ニールセンのデータによると

  • 多文化グループ(ヒスパニック、黒人、アジア系アメリカ人)の消費者が知っている自動車ブランドは、米国の一般消費者より10~20%少ない。自動車ブランドは、多文化の消費者にとってはあまり頭にないものであり、マーケティング担当者はこのギャップを埋める必要があります。
  • しかし、ヒスパニック系と黒人の買い物客は、車を購入する際、6~7 ブランドを検討する。 この は、アジア系アメリカ人や非ヒスパニック系白人に比べ、2 ブランド多いことを表しています。ヒスパニック系および黒人の買い物客は、たとえそのブランドのことが頭になかったとしても、広告宣伝活動をより受け入れやすいのです。
  • 多文化消費者にリーチするには、オムニチャネル広告が不可欠です。 例えば、ヒスパニック系の自動車購入者は若く、人脈が広い傾向があり、デジタルで見た広告の想起度は他の追随を許さない。アジア系アメリカ人は、印刷広告に他の消費者よりもよく反応します。また黒人の消費者は、より多様なチャネルの自動車広告を受け入れています。

ニールセンのバイスプレジデントで自動車業界をリードするポーラ・スキアー(Paula Skier)氏は、「メディア予算は良い日でも精査されますが、現在の状況ではそのプレッシャーは劇的に高まっています。今日、より効果的なコミュニケーションによって多文化消費者に投資することは、自動車マーケティング担当者にとって、厳しい環境下で成果を最適化するまたとない機会を提供します。「成功の舞台を整えるために、マーケティング担当者は現在の現実に敏感になり、多文化消費者のメディア嗜好を最大限に活用しなければなりません。キャンペーンの効果を測定することで、マーケティング担当者はそのデータを戦略に役立て、マーケティング・ミックスを調整することができる。"

本レポートのデータは、ニールセンが2012年から米国の自動車購入予定者を対象に実施した25万件以上のオンライン調査に基づいている。詳細については、レポート全文をダウンロードしてください。

ニールセンについて

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(Nielsen Holdings plc、NYSE: NLSN)は、世界中の消費者と市場について、最も完全で信頼できる見解を提供するグローバルな測定・データ分析企業である。ニールセンは2つの事業部門に分かれている。メディア市場の真実の裁定者であるニールセン・グローバル・メディアは、メディアおよび広告業界に公平で信頼性の高い指標を提供し、市場が機能するために必要な業界理解の共有化を図っています。ニールセン・グローバル・コネクトは、消費財メーカーや小売企業に対し、正確で実用的な情報と洞察、そして企業が革新と成長を遂げるために必要な、複雑で変化する市場の全体像を提供します。 ニールセン独自のデータを他のデータソースと融合させることで、世界中のお客様が、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識に基づいてどのように行動するのがベストなのかを理解できるようお手伝いします。

S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細はwww.nielsen.com

お問い合わせ

ニールセン

サラ・ムラトーレ

sarah.muratore@nielsen.com