02_Elements/아이콘/왼쪽 화살표 인사이트로 돌아가기
인사이트 > 관점

커넥티드TV의 광고형 인터넷 동영상 시청에 주목한 소비자와의 소통

0분 읽기 | 뉴시스 디지털미디어본부 종상직수 | 4월 22일

近年日本においてもインターネットに接続したコネクテッドTV(以下、CTV)の利用が増加し、インターネット動画をテレビ画面で視聴するスタイルが定着しつつあります。マーケティング担当者においても、消費者とコミュニケーションを取る接点としてCTV広告をメディアプランに組み込むことを検討するなど、CTVに注目している方が多いのではないでしょうか。このような状況の中、CTVを活用して今後消費者と効果的にコミュニケーションを取っていくためには、消費者が利用するCTVの視聴サービスの種類や視聴時間などをはじめとした視聴動向を把握することが重要です。

'닐슨 비디오 콘텐츠 및 광고 보고서 2022(닐슨 비디오 콘텐츠 및 광고 보고서 2022)'에 따르면 텔레비전 시청자의 전체 시청 시간 중 실시간 시청과 녹화 텔레비전 시청이 가장 높은 7%의 비율을 차지한 반면, 인터넷 동영상 시청은 1%의 비율을 차지했습니다(도표1).

まだテレビ画面でのインターネット動画の利用が浸透していない印象を受けるかもしれませんが、テレビ画面でインターネット動画を視聴する人に絞ってみると、インターネット動画サービスの視聴時間の割合は既にテレビ画面での全視聴時間のうち3割程度を占めています。テレビ画面からのインターネット動画の視聴時間が今後さらに増加すると、リアルタイム視聴や録画テレビ番組視聴などの視聴時間が減少する可能性があることで、テレビ画面での消費者とコミュニケーションを取る接点が減少することを懸念しているマーケティング担当者も多いのではないでしょうか。実際に、リアルタイムと録画テレビ番組の視聴時間は、テレビ画面からインターネット動画を視聴しない人では1日あたり134分であるのに対し、インターネット動画を視聴する人は98

차트 1_20220427
차트 2_20220427

一方で、テレビ画面からインターネット動画を視聴する人において、テレビ番組(リアルタイム、録画)と広告型インターネット動画を合わせた「広告が表示される動画」の視聴時間を見ると131分となっていました。つまり、テレビ画面からインターネット動画を視聴しない人のテレビ番組(リアルタイム、録画)の視聴時間134分と大差ないことが分かります。例えば、商品の認知を促すために広告で広くリーチを獲得したい場合に、これまでテレビCMをメインで活用していたのであれば、今後はCTV広告もメディアプランに組み込むことで、テレビCMを補完してコミュニケーションを取ることができると考えられます。

그동안 인터넷 동영상 서비스는 주로 약 연령층을 중심으로 이용이 증가해 왔지만, 코로나19의 영향으로 집안에서 시청하는 시간이 많아진 가운데19の影響で在宅時間が増えた中、主にスマートフォンで視聴していたインターネット動画を自宅でテレビー面からも視聴する機会が増えるという人も多いです。特に、もともネット動画の視聴が多い若年層は他の年代よりテレビー面からのインターネット動画の視聴を進かり、人にいたいと、人にいたいに加え35歳以下では年別にはいただけのサビス別視聽時間割合にようる。49세에서도 광고형 인터넷 동영상이 19%, 50세 이상은 14%로 높게 나타났습니다. 30, 40대를 포함한 폭넓은 연령층을 대상으로 광고형 인터넷 동영상을 이용함으로써 커뮤니케이션의 기회가 확대되고 있는 것으로 나타났습니다(図3).

차트 3_20220427

テレビ画面からインターネット動画を視聴する人は、視聴しない人と比べてテレビ放送(リアルタイムと録画)の視聴時間が短くなっていますが、広告型インターネット動画を含めたテレビ画面での広告が含まれるコンテンツの視聴時間は大差ありません。また視聴時間割合を年代別に見ると30、40代も含む49歳以下で広告型インターネット動画の割合が高くなっていることから、例えば商品の認知を促す目的の広告など広くリーチを獲得したいときや、若年層・中年層へリーチしたいときには、広告型インターネット動画を選択肢の1つとしてメディアプランに組み込むことが有効であると考えられます。今後さらにCTVの利用が拡大する可能性を考慮すると、継続的にCTVの視聴動向を把握した上でメディアプランを検討していくことが重要です。

유사한 인사이트 계속 탐색

당사 제품은 귀하와 귀하의 비즈니스에 도움이 될 수 있습니다.