02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

クリスマスらしくなってきた

5分で読めます|2013年12月号

感謝祭でトリプトファンによる昼寝のためにソファーに寝転がっていたとしても、テレビの背後ではホリデー商戦が盛り上がっているのがかすかに聞こえていたことだろう。今はクリスマスの時期であり、ホリデーシーズンの光景やサウンドがスクリーンやスピーカーから流れている。

ラジオ局にとっては、毎年恒例のホリデー・ミュージックが本格化している。通常「オール・クリスマス」フォーマットに切り替えるほとんどの局が、今ではマイリー・サイラスやフロリダ・ジョージア・ラインをブレンダ・リーやジョニー・マティスに置き換えているからだ。

オール・クリスマス・フォーマット

感謝祭かその前後、番組制作者は伝統的にスイッチを入れ、クリスマス・イブにピークを迎えるまで、聴衆が着実に増えていくのを見ながら、ホリデー・チューンの4週間の放送を開始する。昨年、ニールセンが測定した上位48市場において、2840万人のアメリカ人[1]が12月24日に「オール・クリスマス」ラジオ局にチャンネルを合わせた。

クリスマス前夜にラジオで流れるクリスマス音楽が最も好調なのは驚くことではないが、昨年の各市場のホリデー・フォーマット上位局のデータを調べてみると、興味深い傾向がいくつか浮かび上がってきた。

まず、昼間の時間帯(月〜金の午前10時〜午後3時)がホリデーの視聴率をリードし、12月初旬から新年にかけての4週間、午後12時台にリスニングがピークに達した。昨年の昼間の視聴者数は、オール・クリスマス・フォーマットでなかったときと比べて71%増加した。

しかし、ホリデー音楽による最も劇的な変化が起こったのはそこではなかった。ナイトタイム(月曜から金曜の午後7時から深夜0時を指す)枠の数字は、日没後の通常の結果と比べて桁外れだった。ホリデーの視聴率シーズン中、ナイトタイムは129%上昇し、クリスマス・イブは582%上昇した。

最後の統計を整理すると、2012年のこれらの放送局の夜間の平均聴取者数(AQH)は291,700人だった。クリスマス・イブは190万人だった。

ファイル

トップ・ホリデー・ソング

昨年、ホリデー気分を味わうためにラジオにチャンネルを合わせたリスナーたちは、いつ聴いてもバラエティに富んだタイトルとアーティストに接した。ロッド・スチュワートによる「レット・イット・スノー」のリメイク版から、1944年に録音されたビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」まで。

個々のラジオ・フォーマットの成功が市場や地域によって異なるように、全米の放送局の電波やデジタル・ストリームを埋め尽くすホリデー・プレイリストにも同じことが言える。昨年ニューヨークで最も再生された曲はマライア・キャリーの「All I Want for Christmas Is You」だったが、ロサンゼルスではホセ・フェリシアーノの「Feliz Navidad」がスピン・チャートのトップを飾った。

ホリデーの定番曲といえば、誰にでもお気に入りのリストがあるものだが、レコーディングに関してはアーティストも例外ではない。実際、多くのアーティストが、2012年に最もオンエアされた曲の自作バージョンをレコーディングしている。2012年のアダルト・コンテンポラリー・ステーションのトップ10でオンエアされた曲を詳しく見てみると、なんと34曲もの「ウィンター・ワンダーランド」がオンエアされた。しかし、ユーリズミックスのバージョンが最も多く、600回弱スピンされた[2]。他の人気曲には、"Sleigh Ride "と "Let It Snow, Let it Snow "があった。それぞれ最も人気があったのは、リロイ・アンダーソン(1,000スピン)とハリー・コニック・ジュニア(700スピン)だった。"Santa Claus is Coming to Town "と "It's Beginning to Look a Lot Like Christmas "も2012年にヘビーローテーションされ、それぞれブルース・スプリングスティーンとEストリート・バンド(800スピン)とジョニー・マティス(1,200スピン)のバージョンが最も再生された。

今シーズンのストリーミング

ストリーミングに関しては、そのサウンドスケープはラジオでのエアプレイを模倣するものではない。ジャスティン・ビーバーの2011年のホリデーアルバム『Under The Mistletoe』からのリードシングル「Mistletoe」は、2012年に760万回以上ストリーミングされ、上位6曲のうち3曲が「All I Want For Christmas Is You」の異なるバージョンだった(ビーバーのマライア・キャリーとのデュエットバージョンは380万回以上ストリーミングされ、オリジナルのマライア・キャリーバージョンは350万回、次いでマイケル・ブーブレのテイクが260万回ストリーミングされた)[3]。また、マイケル・ブーブレの "It's Beginning To Look A Lot like Christmas "は270万回以上ストリーミングされた。80年代のポップ・デュオ、ワム!の "Last Christmas "も270万ストリーミングのヒットとなった。

ホリデー・ミュージック・セールス

ホリデーはアルバムにとっても大きい。2012年に米国で販売されたホリデージャンルのアルバムは1,200万枚で、その年の音楽売上の3.8%を占めた[4]。しかし、この数字は5年ぶりの低水準であり、1,390万枚のホリデーアルバムが購入され、通年の売上の4.2%を占めた2011年から、それぞれ15%と10%減少した。

昨年は、ホリデーシーズンの "マストアイテム "となるようなメジャーな新作が例年ほど多くなかったことが、昨年の落ち込みに一役買っている。ニールセンについて 1,200万枚売れたアルバムのうち、1/3(430万枚)が発売から1年半以内の新作だった。ロッド・スチュワートのトップセラー『メリー・クリスマス・ベイビー』はこのカテゴリーに属し、85万8000枚を売り上げた。この数字は、250万枚を売り上げた2011年のマイケル・ブーブレの『クリスマス』や、370万枚を売り上げた2007年のジョシュ・グローバンの『ノエル』など、過去の代表的なアルバムと比べると見劣りする。

来月の今頃には、2013年にブレイクするホリデー・アーティストが誰なのか、四六時中全米のラジオで彼らの曲を聴いていることだろう。本当にクリスマスらしくなってきた。

備考

  1. ニールセン・オーディオ・メトロPPM視聴率、2012年12月24日、PPM全48市場のホリデー・トップ局の6日以上累積視聴者数。
  2. 2012年ニールセンBDSエアプレイデータ、トップ10ACステーションより。
  3. ニールセンBDSストリーミングデータ、2012年11月1日~12月31日。YouTubeのデータは2013年にBDSに追加されたため、ここには含まれていない。
  4. ニールセン・サウンドスキャン米国店頭での音楽製品購入。2012年11月4日~12月30日の9週間。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。