本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ガッツ&グローリー。RAMがニールセンの自動車広告賞で最優秀賞を受賞

3分で読めるシリーズ|2014年4月

自動車広告は、独自の地位を確立しています。2013年の米国広告費トップ10のうち5社が自動車広告であり、その投資額の大きさがうかがえます。しかし、その中でもエリートクラスの広告主は、品質や視聴者を楽しませ惹きつける能力において、ビデオ番組に匹敵するクリエイティブを誇り、トップに躍り出ました。本日、ニールセンは第8回ニールセン自動車広告賞の受賞者を発表し、ラムの「ファーマー」が自動車広告賞として表彰されました。

この賞は、ニールセンの全米テレビ広告効果調査の結果に基づき、広告の想起力、正しいブランド連想、メッセージや行動喚起の記憶、そしてもちろん好感度などが考慮されています。受賞したテレビ広告「Farmer」は、1978年にポール・ハーベイがフューチャー・ファーマーズ・オブ・アメリカ大会で行ったスピーチ「God Made a Farmer」をサンプリングしたものです。

宗教的な意味合いと、農民、畑、家族といった多様なイメージで、彼らの仕事がいかにアメリカを支えているかを強調したこの広告は、ニールセンの「2013 Automotive Ad of the Year」の候補の中でトップの座を獲得しました。

その他の大賞受賞者は以下の通りです。

  • ベストセールスイベントキャンペーントヨタ自動車 "トヨタソンジャックポット"
  • ラグジュアリーキャンペーンオブザイヤービュイック "ランディング"
  • スペインのテレビ広告主賞フォード

ニールセンのグローバル自動車部門シニアバイスプレジデント兼アカウントディレクターのトム・リバースは、「テレビのチャンネル数から動画視聴プラットフォームの多様化まで、消費者がコンテンツを消費する選択肢が増えるにつれ、広告主にとって広告の質の高いコンテンツが重要であることがますます明白になっています」と述べています。「最終選考に残った企業や受賞者は、このマニュアルを参考に、実際の動画コンテンツに負けないような魅力的で面白い広告を制作しています。これらの広告は、エンターテイメント体験に完全に溶け込むことができるという点で成功しています。"

2014年ニューヨーク国際自動車ショーで発表された「ニールセン自動車広告賞」は、自動車テレビ広告の効果を測定する唯一の賞です。

方法論

Nielsen TV Brand Effectは、過去24時間以内に番組を視聴したテレビ視聴者の全国を代表するオンラインパネルを採用しています。これらのパネリストは、視聴した番組と接触したコマーシャルについて、ニールセンについて のアンケートに答えます。パネリストは(臨床研究環境ではなく)自然な環境で見たものを基に回答するため、テレビコマーシャルに対する現実の反応や記憶が結果に反映されます。Nielsenは、調査対象となるデイパートとネットワーク内のすべてのナショナル・コマーシャルを記録し、調査票を発行しています。

今回の自動車賞では、ニールセン・グローバル・オートモーティブは、4つの主要な指標を活用しました。

  • ジェネラル・リコール - 突き抜けるほど印象的な広告だったのか
  • ブランドリコール - テレビ視聴者は、それが誰の広告であったかを思い出したのでしょうか?
  • メッセージリコール - テレビ視聴者は広告の主要メッセージを思い出したか?
  • Likeability - 広告は魅力的だったか(テレビ視聴者がその広告を好きだったか)?

ニールセン自動車広告賞のファイナリストは、2013年の広告パフォーマンス実績に基づいて決定されました。

オートモーティブ・アド・オブ・ザ・イヤー

結果は、18~54歳の成人に限定しています。2013年に発売されたすべての自動車広告を、メディアがパフォーマンスの主要因とならないよう、同様のメディアウェイトレベルで評価しました。広告の評価は、広告想起、ブランド想起、メッセージ想起に基づいて行われました。

ラグジュアリーキャンペーンオブザイヤー

結果は、ラグジュアリー層(25-54歳、世帯収入75,000ドル以上)の視聴者に特化したものです。同じ車種やブランドのキャンペーンに含まれる広告を一緒に評価しました。広告想起、ブランド想起、好感度に関する総合的なパフォーマンスに基づいて評価されました。

スペイン語テレビ広告主年間最優秀賞

結果は、より一般的な非高級車ターゲットである18~54歳の視聴者に特化したものでした。各自動車ブランドは、スペイン語広告の広告想起、ブランド想起、好感度に関する複合的なパフォーマンスに基づいて評価されました。

ベストセールスイベントキャンペーン

結果は、18-54歳の成人に限定しています。各自動車テレビ販売イベントは、広告想起、ブランド想起、メッセージ想起の複合パフォーマンスに基づいて評価され、メディアがパフォーマンスの主要な推進要因にならないように、同様のメディアウェイトで結果が算出されました。