本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

視聴のシフトクロスプラットフォームレポートQ2 2014

1分で読めるシリーズ|2014年9月

今日、コンテンツは、競合する配信プラットフォーム、ネットワーク、スクリーンを通じて配信され、消費されています。これほどまでに細分化されていながら、消費されるメディアの総量が増加していることは、かつてないことです。実際、18-34 歳の若年層におけるメディア消費は、全体として前年比 4%増、ヒスパニック系では 2%、黒人では 8%、アジア系では 10%増となっています。

何が変化をもたらしているのでしょうか。主に、コンピューターとモバイルデバイスの両方におけるデジタルの成長です。18-34歳のデジタル利用は前年比16%増、デジタルビデオ視聴は53%増となっています。しかし、これは単に若年層と高齢層の話ではない。35〜49歳、50〜64歳では、さらに顕著なデジタル化の進展が見られます。

テクノロジーによって選択肢が増え、消費者は幅広いコンテンツを手元でコントロールすることに慣れた。その核となるのは、コンテンツとの対話とアクセスにおける消費者の体験です。ある人は、従来の接続またはブロードバンド対応接続を介して配信されるテレビ画面上でコンテンツをライブで見たいと思うでしょうし、別の時間に見たいと思う人もいるでしょうし、外出先やモバイルデバイスでのオンデマンドでコンテンツを探す人も増えています。スマートフォンの普及率は70%を超え、タブレット端末も50%に近づいており、デジタル消費の成長はとどまるところを知らない。

デジタルの発展がメディア時間の増加を促進する

類似のインサイトを閲覧し続ける