本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

新しいアメリカの前衛50歳以上のラテンアメリカ人は健康で、裕福で、賢い

1分で読めるシリーズ|2015年10月

The New American Vanguard, Latinos 50+ report は、ヒスパニックの高齢者の消費習慣が、「黄金期」を生きるということの意味をいかに変えようとしているかを調査しています。ヒスパニック系のベビーブーマー(50~64歳)とグレートジェネレーション(65歳以上)の消費者は、より長く生き、働き、富を築き、家族やコミュニティで文化の家長として聖火を担うことで、老後の生活を再定義しています。

若いヒスパニック系住民が広く注目されていますが、実は高齢のヒスパニック系住民がその先頭に立ち、家族や地域社会全体に文化的な強い影響力を及ぼしているのです。米国国勢調査によると、50歳以上のヒスパニック系住民は1100万人で全人口の10%を占め、2060年には4200万人と24%に達すると予想されています。米国の50歳以上のヒスパニックの半数以上が外国生まれであることから、スペインやラテンアメリカの影響を受けた消費者との強い結びつきと親和性が、将来にわたって購買行動を促進し、マーケティング担当者がこの成長セグメントと深い関係を築く機会となることが予想されます。

若い世代がメディアの注目を集める一方で、50歳以上のヒスパニック系住民も増加傾向にあります。50歳以上のヒスパニック系住民は1,100万人で、2015年には同世代の10%を占め、2060年には4,200万人、24%まで増加すると予測されています。

類似のインサイトを閲覧し続ける