02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

熱心な有権者にニュース、トーク、スポーツラジオでリーチ

2 分で読めます |2016年4月号

ラジオでの政治評論に関しては、政党に関係なく、ほとんどのアメリカ人は選挙遊説の最新情報を聞くためにNews/Talkに目を向けます。実際、討論会シーズンの真っ只中と、予備選挙シーズンの最初のスーパーチューズデーに向けて、2月のニュース/トーク形式のポータブル・ピープル・メーター(PPM)リスナー数は過去最高を記録しました。

しかし、有権者とのエンゲージメントの高さは、ニュース/トークラジオだけの領域ではなく、ニールセンの新しい洞察により、All News and Sportsのような他のスポークンワードステーションが、熱心な政治的視聴者に効果的にリーチできることが明らかになりました。ニールセンは、PPMデータとエクスペリアンの政治的投票行動を組み合わせて、民主党、共和党、無党派層、未登録の4つの主要な有権者グループにおいて、どのラジオフォーマットが特定の有権者セグメントに共鳴するかを決定しました。この調査では、米国の主要45市場における18歳以上の7万人以上のパネリストのリスニングと投票行動を調べました。

全リスナーの中で、10の有権者セグメントのうち、スーパー民主党員、保守民主党員、オン・ザ・フェンス・リベラル、グリーン・トラディショナル、マイルド・リパブリカンズ、ウルトラ・コンサバティブを含む6つの有権者セグメントで、ニュース/トーク形式が第1位となっています。 

保守派のトークを聴いた人も、リベラル寄りの公共ラジオ局を聴いた人も、News/Talkラジオのリスナーの10人中9人近くが、熱心な有権者登録者であり、そのほとんどがマイルドな共和党員またはスーパー民主党員であると認識している。また、ニールセンが実施した分析では、PPM市場のニュース/トークラジオリスナーの28%が独立系または未登録であることもわかりました。

しかし、そのエンゲージメントはニュース/トークだけにとどまりません。すべてのニュースステーションは、トークパーソナリティよりも、最も重要な見出しに焦点を当てています。この調査では、All Newsの視聴者の44%が民主党員であり、これは米国全体の平均よりも12ポイント高いことがわかりました。すべてのスポーツリスナーは、最も熱心なラジオファンの一部であり、その81%が登録有権者です。20%が「穏健な共和党員」に分類される一方で、20%は自らを「スーパー民主党員」と表現している。これに対し、無党派層と未登録の有権者を合わせると、PPM市場では「オールニュース」と「オールスポーツ」ラジオを聴くリスナーの3分の1を占めている。 

類似の洞察を閲覧し続ける