本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>多様性

ニールセンのSABLE従業員リソースグループが10周年を迎える

1分で読めるシリーズ|2017年10月

ニールセンでERG(Employee Resource Group:従業員リソースグループ)が設立される以前は、多様な背景を持つ従業員が市場を超えて互いにつながる公式な方法がありませんでした。SABLE(Sustaining Active Black Leadership and Empowerment)は、そのような空白を埋めるために設立されたニールセン初のERGの1つで、特に全米のアフリカ系アメリカ人のアソシエイトを集めている。

今年、SABLEは10周年を迎えた。毎月の電話会議から始まったSABLEの活動は、今ではそれ以上のものへと発展しています。この10年間で、何百人ものSABLEメンバーが、社内のリーダーシップ開発プログラム、他企業とのネットワーキングの機会、クライアントのためのDiverse Intelligence Seriesイベントを立ち上げ、参加してきました。

現在のSABLEのエグゼクティブ・スポンサーであるドン・ローリー(コミュニティ・エンゲージメント担当シニア・バイス・プレジデント)は最近、SABLEの最初のエグゼクティブ・スポンサーであるシェリル・グレース(米国戦略的コミュニティ・アライアンスおよび消費者エンゲージメント担当シニア・バイス・プレジデント)と、SABLEの10年の歩み(ニールセンについて )について話をした。