本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>多様性

ニールセンがダイバーシティMBA会議の「50 Out Front」リストでトップの座を獲得

3分で読めるシリーズ|2018年10月

ニールセンは、このほど開催されたDiversity MBAの年次総会で、「女性および多様な管理職のためのトップ企業50 Out Front」に選ばれました。Diversity MBAのトップ企業として、ニールセンのチーフ・ダイバーシティ・オフィサーであるアンジェラ・タルトンは、授賞式で基調講演を行いました。また、Diversity MBA Top 100 Under 50 Emerging and Executive Leadersに選ばれたニールセンのプロダクトリーダーシップ担当SVPケリー・アブキャリアンとタレントエンゲージメント&デベロップメント担当VPナターシャ・ミラー・ウィリアムズも、このイベントで表彰されました。

多様性MBAのCEOであるPam McElvaneから表彰を受けた後、アンジェラは参加者にニールセンの10年以上にわたる多様性と包括性の旅を紹介し、その過程で多様性を称え、唱え、投資した重要なマイルストーンを明らかにしました。アンジェラ氏は、ニールセンが15ヶ月の社内ミニMBAを設立したことを紹介しました。 ダイバーズ・リーダーシップ・ネットワーク2018年に4期生を卒業した、パフォーマンスの高い多様な人材のための15ヶ月の社内ミニMBAである「MBA」の創設、当社の ヒスパニックブラックまた、多様なコミュニティの測定とアウトリーチの継続的な改善を支援するビジネスエキスパートとコミュニティリーダーで構成される外部諮問委員会の設立を紹介しました。

「アンジェラは、「私たちは、女性と多様な管理職のためのトップ企業として表彰されたことに感謝しています。「同時に、ダイバーシティ&インクルージョンの歩みを推し進める活力を感じています。ダイバーシティMBAとその企業アライアンスの幅広いネットワークが、米国および世界の多様で包括的な職場を推進する大きな取り組みに貢献できることを嬉しく思っています」。

ナターシャとケリーは、カンファレンスのプログラムでも講演を行いました。Kellyは、多様な消費者に好まれるショッピング・プラットフォームとしてのeコマースの成長が、小売業界をどのように変えているかについてパネルディスカッションに参加しました。Natashaは、指導的立場から包括的な職場環境を育成するためのスキル開発に関する会話に参加しました。KellyとNatashaがこれらのセッションに参加したことで、Nielsenは多様性に関する対話の最前線に立ち、世界中の企業における多様性と包括的なベストプラクティスに情報を提供することになりました。

左から。ナターシャ・ミラー・ウィリアムズ、アンジェラ・タルトン、ケリー・アブカリアン

ニールセンは、「Top Company for Women and Diverse Managers」に選ばれたほか、Diversity MBAのいくつかの専門リストに選ばれました。

  • リクルート女性や多様な人材の獲得に実績のある企業を優遇する。
  • Successionプランニング:多 様な人材のキャリアアップを意図的に行っている企業を表彰します。
  • ワークプレイス・インクルージョンとリテンション文化的に包括的なエンゲージメント戦略を推進し、多様な人材の確保に取り組む企業を称えます。
  • 説明責任。経 営陣がダイバーシティ&インクルージョンのリーダーとして明確な責任を負っている企業に限定される。
  • 取締役会の多様性。平均55%の女性および有色人種で取締役会が構成されている企業を含む。

これらのリストに掲載されたことは、私たちが多様な人材を採用し、維持し、育成する能力を高めることで 五大戦略私たちは、ダイバーシティとインクルージョンをすべての活動に導入し、多様な人材の採用、維持、昇進の能力を高めることで、会社のあらゆるレベルに影響を及ぼしてきました。しかし、アンジェラが基調講演で述べたように、「これからが大変なのです。私たちは、ダイバーシティ&インクルージョンのリーダーとして、これまでの進歩と勢いをどう持続させるかを考えなければなりません。そして、物語は続くのです。

2018年の50 Out Frontリストで1位に選ばれたことは、6年連続のリスト登場、3年連続のトップ10入りに続くものです。 詳細はこちらニールセンについて ダイバーシティMBAと2018年「50 Out Front」リスト.

詳細は、10月下旬に発売されるニールセンのカバーストーリーが掲載されたDiversity MBA magazineでご覧いただけます。