本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

流すべきか、流さざるべきか...。

3分で読む|2014年11月

今週、テイラー・スウィフトが大きな波紋を広げている。アルバム『1989』が発売1週間で130万枚近く売れただけでなく、今年発売されたアルバムで100万枚以上売れたものがないことを考えると、これは驚くべき統計だが、彼女の全カタログが1曲を除いてストリーミング・サービスのスポティファイから削除されたのだ。

スウィフトは、無料ストリーミング・ビジネスモデルに批判的な数多くのアーティストの仲間入りを果たしたが、このようなインパクトのある、そしてニュース価値のある方法で行動を起こすだけの重さと影響力を持つ数少ない大物アーティストの一人である。ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ガース・ブルックスなど、注目すべき多くの脱退者が最終的にストリーミング配信を実現した。つまり、売上を伸ばすために、最初の数週間はストリーミングサービスでの新譜配信を控えるのだ。しかし、現在アメリカでは人口の79%がオンラインで音楽を聴いており、ストリーミングで音楽を聴けないことはファンにどのような影響を与えるのだろうか?具体的には、お気に入りのアーティストの楽曲がオンデマンド・ストリーミング・プラットフォームで見つからない場合、消費者はどうするのだろうか?

その答えは、音楽消費者の種類や消費嗜好によって異なる。例えば、デジタル音楽に最もお金をかける人は、当然のことながら、ストリーミングできない音楽を購入する可能性が最も高い。同様に、ストリーミング・サービスにお金を払っている人は、無料ストリーミング利用者(6%)よりもアルバムを購入する可能性が高く(14%)、彼らは他の場所で無料で音楽を入手する方法を見つける可能性がはるかに高い。全体として、オンラインサービスから欠落している楽曲を購入するファンは、全トラックリストではなく、アルバムから1、2曲だけを購入する傾向が強い。

一般的に、リスナーは新しくリリースされた音楽が2週間以内にストリーミングサイトに登場することを期待している。ティーンエイジャーは長い待ち時間に対する許容度が最も低く、60%が新しくリリースされた音楽が1週間以内に入手可能になることを期待している。彼らは、ストリーミングできない音楽を購入する可能性が最も低く、他に聴くものを探すか、それを待つか、無料の代替に頼ることを好む。18~34歳の大人は、1~2曲は購入するが、アルバム全曲を購入する可能性は平均的な音楽リスナーより低い。一方、35~44歳の大人は、ストリーミングできない音楽を購入する可能性が最も高く、19%がアルバム全曲を購入すると答えている。

では、音楽が聴けないときに非難を浴びるのは誰なのか?ファンの不満は、アーティストよりもむしろサービスに向けられることが多い。それでも、消費者全体としては、好きなアーティストの曲が聴けない場合、アーティストとサービスの両方に対して理解を示し、忍耐強さを示すことがほとんどである。音楽リスナーの72%は、ストリーミング・サービスで欲しい音楽が見つからないという問題に遭遇したことがないと答えている。テイラー・スウィフトのような人気アーティストがストリーミング・サービスからいなくなれば、その感情も変わるかもしれない。

方法論

ニールセンミュージック360米国調査は、米国における消費者の音楽との接し方に関する包括的で詳細な調査である。ニールセンミュージック360米国調査のデータは、2014年8月と9月に13歳以上の代表的な消費者2,581人を対象に収集された。調査は英語で行われ、該当する場合は英語を話すヒスパニック系消費者を対象とした。調査はオンラインで行われた。データは、年齢、性別、人種、学歴、世帯人数に基づいて米国の国勢調査人口に加重平均された。

類似の洞察を閲覧し続ける