本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

オンワード・アンド・アップワードキリスト教関連書籍の売上高がますます上昇

1分で読めるシリーズ|2015年8月

ニールセン・ブックスキャンによると、昨年の米国における宗教書の販売数は10.5%以上急増し、5240万冊を突破した。書籍市場全体の売上は、2013年からわずか2.4%増にとどまり、到底追いつくことはできなかった。しかし、2015年前半の売上は、成人向けノンフィクションの売上が最初の25週間で-3.72%、成人向けフィクションの売上がわずか6.4%増と、やや鈍化している。そこで、マーケティング担当者や小売業者は、下半期の売上を強化するために、第1章に立ち返り、今日の宗教書の購買者を改めて見直すことが賢明であろう。

広義の宗教カテゴリー全体では、キリスト教関連の書籍が特に好調で、特にジュブナイルとノンフィクションのタイトルが売れています。例えば、2009年から2014年にかけて、成人向けノンフィクション宗教書全体の平均成長率が約8.9%だったのに対し、ノンフィクション・クリスチャン・サブカテゴリーは約11.3%の成長率を記録しています。また、クリスチャン・ノンフィクションのサブカテゴリーは、2013年から2014年にかけて実際に2桁の減少を記録したクリスチャン・フィクションを大きく上回っている。

では、一般的なキリスト教の本の購買層はどのような人たちなのでしょうか。

全体として、女性は男性よりもキリスト教の本をよく買いますが、よりキリスト教フィクションに惹かれるようです。クリスチャン・ブック購入世帯のほぼ半数が5万ドル以下の収入であり、ニールセンについて クリスチャン・ブック購入者の半数が45歳以上である。

聖書は、キリスト教書市場の重要な位置を占めています。また、キリスト教書籍全体の購買傾向とは異なり、聖書購入者の大半は男性(58%)で、80%が45歳以下です。また、聖書購入者の45%が毎日ソーシャルメディアを利用しているように、彼らはオンラインでもアクティブです。

詳細については、当社の「キリスト教書籍市場」レポートをダウンロードしてください。

さらに、10月23日に開催されるニールセンのクリスチャンブックサミットでは、クリスチャンブック市場について、どのような顧客がいて、何を好み、どのように顧客と関わるかについて深く掘り下げます。