本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

スーパーグルーミングスーパーアウェアネス

3分で読めるシリーズ|2015年4月
インドにおける男性用化粧品カテゴリーのスーパーコンシューマーたち
 
  • インドの男性用グルーミング市場、2016年までに5000億インドルピーに達する
  • 個人的・職業的イメージの形成が消費者の主要な動機である
  • グルーミングに対する意識は、小さな町よりもメトロで強い

この特集インサイト をお読みいただいている時点で、世界の男性用グルーミング製品部門の売上高は 330 億ドル* を超えていることでしょう。

世界の美容業界は、ほぼ毎日、新たな技術領域を開拓していることを考えれば、これは驚くには値しないでしょう。成長の原動力は、製品のイノベーション、中間層の拡大、そしてセレブリティやスポーツ選手の支持に後押しされた身だしなみへの関心の高まりにほかなりません。また、男性用化粧品市場は、世界の化粧品市場全体の拡大を牽引しています。

インドでも、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)企業が、消費者の洗練度の向上の恩恵を享受している。所得の増加、国際的なトレンドへの接触、高齢化への懸念(ニールセンについて )、さらに個人の外観や身だしなみへの関心が、多様なニーズや嗜好に対応する製品群を生み出しているのである。実際、かつてはシェービングフォーム、デオドラント、カミソリに限られていた市場は、ヘアケア、スキンケア、衛生管理など、目もくらむばかりの製品群に取って代わられているのです。その結果、男性のグルーミングは、インドのパーソナルケア分野で最も急速に成長している分野の一つとなっています。

インドにおける男性の身だしなみについて、インサイト 、フェアネスクリーム、洗顔料、デオドラントの3つの大きな製品カテゴリーについて調査しました。

グルーミングの意識とモチベーション 

一般的に考えられていることとは異なり、男性は異性へのアピール力を高めるためだけに身だしなみグッズを使用しているわけではありません。むしろ、自分自身を磨くため、つまり衛生面を向上させるために使用しているという回答がほとんどです。身だしなみを整えることは、自分に自信を持つことにつながると考えているようです。

しかし、当然のことながら、ニールセンの調査によると、身だしなみに関する意識は、大都市や都市部の方が非首都圏よりも強いことが分かっています。

スーパーグルーマー」。 

使用量と頻度に応じて、男性用グルーミング製品の消費者をヘビーユーザー、ミディアムユーザー、ライトユーザーに分類しています。分析は個々のブランドレベルで行われ、その後、ブランド間のスコアを集計し、カテゴリービューを導き出しました。

次の段階として、ヘビーユーザーのエンゲージメントレベルを調べました。エンゲージメントレベルを測るために使用したパラメータは、ニールセンのブランド・エクイティ・インデックス(BEI)です。ブランド・エクイティ・インデックスが高いほど、エンゲージメントも高くなります。

スーパーコンシューマーのプロファイリング

次に、スーパーコンシューマーとユニバースとのプロフィールの違いに注目しました。フェアネスクリームのカテゴリーを分析した結果、このカテゴリーのスーパーコンシューマーは、一般的に大都市に住み、裕福で、上昇志向が強く、社交的であることがわかりました。彼らにとって身だしなみは重要であり、それが仕事や個人的な存在感に寄与することを理解しています。彼らは、年齢や性別に合ったグルーミング製品を探しています。

スーパーコンシューマー、スーパーコントリビューター

意外なことに、男性のグルーミング・カテゴリーには、他のFMCGカテゴリーに比べてスーパーコンシューマーが少ない。下図を見ると、フェアネスクリームの全消費者のうち、スーパーコンシューマーはわずか4%であることがわかる。しかし、売上に占める割合は11%であり、その3倍の規模である。

* Global Analysts Inc.の調査によりますと。

詳しくは、右上のレポートをダウンロードしてご覧ください。