02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

ミレニアル世代がスマートフォンのトップユーザー

2分で読む|2016年11月

スマートフォンは現代の日常生活に欠かせないものであり、外出先では欠かせないアイテムです。また、マーケターがコネクテッドコンシューマーに売り込むための手段としても、ますます現実味を帯びてきています。ニールセンは最近、性別、人種、年齢、オペレーティングシステムのシェアなど、米国のスマートフォン所有者の人口統計を調べました。

2016年第3四半期には、スマートフォン所有者の12%が最近(過去3か月以内に)携帯電話を購入したと回答しています。最近の携帯電話購入者のうち、一般的には93%がスマートフォンの購入を選択しており、2015年第3四半期の90%から増加しています。スマートフォン全体の普及率は急速に上昇し続けており、成長しています ニールセンについて 前年同期比で8ポイント、2015年第3四半期の80%から2016年第3四半期の88%に。

スマートフォン所有者を年齢別に見ると、18歳から24歳のミレニアル世代が最も普及率が高く、そのうち98%がスマートフォンを所有しています。25歳から34歳のミレニアル世代が97%の所有率で、35歳から44歳のX世代が96%で続いており、これらの世代セグメントの間でスマートフォンはほぼユビキタスになっています。

しかし、人種や民族別の所有率を見ると、普及率の差は少し広がっています。

スマートフォンの所有率は多文化の消費者が最も高く、アジア系アメリカ人がトップ(95%)となっています。アフリカ系アメリカ人のスマートフォン普及率は93%で2番目に高く、次いでヒスパニック系が90%でした。

アプリに関しては、2016年第3四半期の18+歳の成人の平均アクティブリーチ率で上位3つのスマートフォンアプリは、Facebook、Facebook Messenger、YouTubeでした。

2016年第3四半期には、すべてのアメリカ人にとってAndroidがトップのオペレーティングシステムであり、米国のスマートフォンの51%がAndroidシステムで稼働しています。一方、Appleは依然としてトップのスマートフォンメーカーであり、米国のモバイル加入者の45%がiPhoneを所有しており、Samsungが32%で続いています。

方法論

ニールセンのモバイルインサイトは、米国の13+歳の30,000+人のモバイル加入者を対象とした月次調査で、データは主にオンラインで収集され、アプリ内モバイルや18+歳のヒスパニック系住民を対象としたスペイン語の固定電話調査でも収集されます。携帯電話の加入者は、メーカーとモデルによってメインの携帯電話を識別するよう求められます。スマートフォンは、高度なオペレーティングシステムを備えた携帯電話として定義されます。すべてのデータは、米国のワイヤレス加入者人口を全国的に代表するように重み付けされています。

ニールセンのモバイル電子計測は、パネリストのスマートフォン(AndroidおよびiOS端末を持つ18歳以上のパネリスト約9,000人)に許可を得てインストールされる。パネリストは英語でオンライン募集され、ヒスパニック系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、ネイティブアメリカン、アラスカンネイティブ、その他様々な人種背景を持つ消費者が含まれています。

この方法では、行動が中断されることなく追跡されるため、スマートフォン上のすべての行動を総合的に見ることができる。

類似の洞察を閲覧し続ける