02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

カンヌライオンズライブ2021:ポストCOVIDワールド:ブランドとEsportsの次の段階

2分で読む|2021年6月

COVID-19パンデミックが2020年を通じて引き起こした大規模な混乱に備えることができた業界はほとんどなく、成長の道を見出すことができた業界はさらに少なかった。COVID-19パンデミックが流行した最中、世界の消費者の82%がビデオゲームをプレイし、ゲームコンテンツを視聴したと報告している。このようなエンゲージメントの高まりは、急成長するesportsの状況にハロー効果をもたらし、ブランドやスポンサーにとって大きな投資機会に成長した。実際、ニールセンは、世界のesports業界におけるスポンサーシップ収入は来年までに10億ドルに達するだろうと予測している。

esportsへの熱狂とスポンサーシップへの投資にもかかわらず、ブランドや広告主の間でesportsが主流になるには至っていない。しかし、チャンスは大きい。例えば、ライオットゲームズのリーグ・オブ・レジェンド・チャンピオンシップシリーズは現在、プロスポーツリーグの中で、NFLとNBAに次ぐ第3位にランクされている。 

ニールセンのカンヌ・ライオンズ・ライブ2021バーチャル・エクスペリエンスの一環として、ニールセンのスポーツ・エスポート担当副社長マット・ボイドは、オールスターのバーチャル・パネルに参加し、市場の規模、どのような種類の機会が存在するか、デジタルと対面でのアクティベーションがどのように相互補完するか、スポーツとエスポート全体で同等のエンゲージメント測定のための単一の指標を確立する計画について議論しました。マットのほか、マスターカードの北米スポンサーシップ部門責任者マイケル・ゴールドスタイン氏、ライオット・ゲームズの北米/オセアニア・パートナーシップ・ビジネス開発部門責任者マシュー・アーチャンボール氏がパネルに参加した。Axiosのメディアレポーター、サラ・フィッシャーがパネルのモデレーターを務めた。  

このセッションのオンデマンド録画で、esportsの世界についての洞察を深めてください。

 

ニールセンのカンヌライオンズライブ2021バーチャル体験の他のセッションのオンデマンド録画をぜひご覧ください:

類似の洞察を閲覧し続ける