本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

You Stream, I Stream, We All Stream:カナダにおける有料ストリーミング配信の可能性

2分で読めるシリーズ|2016年6月

カナダでは、10 代とミレニアル世代の 56%が、通常の週にスマートフォンで音楽を聴いています。特にこれらの世代では、音楽消費がモバイル機器に移行するにつれて、AM/FMラジオ局が運営するオンラインやアプリのストリーミングサービスから音楽を発見する消費者が増えています。しかし、カナダ人(特にミレニアル世代)が新しい音楽を発見する方法としては、依然としてAM/FMラジオが主流となっています。

また、音楽ファンの半数以上が「ラジオ広告やラジオ番組を通じて、ニールセンについて の演奏を聴く」と答えており、ライブ音楽イベントの発見にはラジオが重要な役割を果たしています。2016年、フェスティバルを知っている人の35%が少なくとも1回は参加しており、ちょうど1年前の29%から増加していることから、フェスティバルのプロモーション活動が効果的で、音楽愛好家に足を運ばせていることがわかります。一方、10代の若者が新しい音楽を発見する方法としては、友人や家族からの口コミが最も多く、58%が友人や家族を介して新しい音楽を発見しています。

では、カナダの音楽ファンは何を聴いているのでしょうか。コンテンポラリーロックとヒップホップです。これらのジャンルは、過去12ヶ月間でリスナーシェアを4ポイント以上伸ばしています。ミレニアル世代とティーンエイジャーが好む音楽ジャンルのトップ3(順不同)は、オルタナティブ・ロック、ポップ/トップ40、ヒップホップでした。過去1年間、彼らの音楽の好みは、Drake、Justin Bieber、Alessia Cara、Shawn Mendes、The Weekndなどの地元アーティストの人気に反映されています。

外出先での音楽鑑賞の人気が高まる中、消費者はより多くの時間をストリーミングサービスに割り当てています。10代の若者は、音楽に費やす時間の37%をストリーミングサービスに費やしています。音楽ストリーミングサービスを選択する際、コストと使いやすさが最も重要である。現在ストリーミングの料金を支払っていないカナダ人の9%(10代とミレニアル世代では16%)が、今後6ヶ月以内に加入する可能性があると回答しています。加入しない理由として最も多いのは、「価格」です。

有料ストリーミングの成長は、男性、非白人の10代とミレニアル世代によって不釣り合いに推進されています。実際、今後6ヶ月以内に有料ストリーミングサービスに加入する可能性がある人の60%は男性で、その大半はミレニアル世代の年齢層(18~34歳)に該当しています。ライブ音楽イベント(フェスやコンサートなど)への参加機会が多いことが、ストリーミング配信の有料化の動機付けになっているようです。

要約すると、カナダの若い音楽ファンは、手頃な価格で使いやすいサービスであれば、ストリーミングにお金を払うということです。ミレニアル世代がストリーミングサービスに加入するかどうかを決める際には、サービスの楽曲ライブラリが特に重要視される。

詳しくは、Nielsen Music 360 Canada Reportのハイライトをダウンロードしてご覧ください。

類似のインサイトを閲覧し続ける