02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

テレビ中継の成長と進化が今日の視聴環境にどのようにフィットするか

4分で読む|2019年1月

ケーブルや衛星放送に加入していなくても視聴できる番組、OTA(Over-the-Air)テレビが再び大きな存在になりつつある。実際、コード・カッターやコード・シェイバーにとっては、デジタル・アンテナを通じて無料でテレビを視聴できるのだから。10年前にデジタル放送に移行したことで、さらに多くのチャンネルが無料で、しかも素晴らしいHD画質で見られるようになったからだ。当社の包括的なパネル・アプローチにより、OTAを含むすべての世帯タイプを網羅したデータが得られたため、この重要な成長セグメントについて深い洞察と分析を行うことができた。では、ニールセンについて OTA世帯について何がわかっているのでしょうか?私たちは最近、ニールセンについて -特に、その数、外見、メディアの消費方法について詳しく調べるためにデータに潜入しました。

たくさんある

2018年5月のニールセンの人口推計によると、最新のローカルウォッチ・レポートに詳述されているように、米国には1600万を超えるOTAホームがある。2010年当時は、この数字はもっと少なかった。この8年間で約50%の増加だ。また、テレビソースをよりアラカルト的なアプローチで検討する消費者が増えているため、このセグメントが成長し続けるチャンスもある。

みんな同じじゃない

私たちの多くはOTAテレビを「ウサギの耳」やテレビの物理的なダイヤルと同一視しているかもしれないが、今日のOTAホームはかつてのようなものではない。今日、これらのホームは、さまざまな方法でテレビコンテンツを消費する視聴者グループが混在している。デジタルアンテナで番組にアクセスする標準的なOTAホームもあるが、大半はOTAラインアップをストリーミングサービスと組み合わせている。2018年5月現在、OTAホームの41%はストリーミング・サービス・プロバイダーなしの従来型である。つまり、大多数はストリーミングサービスに加入している(59%)。ニールセンのデータは、この2つの全く異なるグループの鮮明な姿を描き、年齢、民族、収入における驚くべきギャップを明らかにしている。これらの世帯に共通しているのは、ケーブルのコードや衛星放送のアンテナがないことだ。

さらに水を濁すと、第3のタイプのOTAホームは、一般に「スキニーバンドル」として知られる仮想映像多チャンネル番組配信事業者(vMVPD)に加入し、ケーブル番組のストリーミングを可能にしている。このグループは、OTAホームの59%を占めるストリーミングサービスセグメント(Plus SVOD)に直接該当する。2018年5月現在、OTAの8%、130万世帯を占めている。

放送の明るい話題

毎日3時間ということは、年間およそ1,100時間ということになり、これはOTAの家庭の平均的な成人がテレビで放送コンテンツを見ている時間に相当する。大きな数字ではあるが、これは欺瞞である。その裏では、3つの全く異なる視聴者層(SVODなし、OTA+SVOD、OTA+SVOD w/vMVPD)がこの数字を構成している。では、どの層が最も多くのコンテンツを見ているのだろうか?SVODを利用していない層は、1日になんと4時間51分も放送テレビを視聴している。しかし、それ以外の層は話が違う。インターネットに接続されたデバイスの使用によって断片化が進み、放送視聴は減少しているが、vMVPDの有無にかかわらず、SVODの家庭は1日1時間以上視聴している。ケーブルの視聴はvMVPDへのアクセスで勢いを増しているが、それでも放送の視聴には遅れをとっている。OTAホームのタイプにかかわらず、放送テレビはテレビ画面上のコンテンツの日常的な供給源である。

類似の洞察を閲覧し続ける