02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

COVID-19期間中、オーストラリア人は金融ニュースとオンライン・トレーディング・コンテンツに積極的に投資

4分で読む|リンダル・カウリング、インダストリー・リード|2020年8月

COVID-19パンデミックは世界的な健康危機であるが、世界的な経済的影響も否定できない。経済への影響はほとんど即座に現れ、多くの消費者や企業は予期せぬ課題に直面している。 

ニールセンについて 疑問や懸念が高まる中、オーストラリア国民は、ビジネスニュースや情報コンテンツ、個人金融情報をオンラインで閲覧する時間が大幅に増えている。状況を注意深く監視し、刻々と変化する状況や政府の対応、自身の財政管理について情報を入手するためだ。 

金融関連のニュースや情報への関与が最初に急増したのは2020年3月中旬で、パニック買いをめぐるニュースや、高齢者の購入制限や取引時間の指定といった戦略を通じてパニック買いを抑止した大手スーパーマーケット・チェーンの対応がその増加を牽引した。こうした最初の急上昇以降、原油価格の下落、不安定な株価、ジョブ・キーパーやその他の政府の景気刺激策の発表、大きな影響を受けた企業の長寿命化、旅行、小売、接客業の再開に関する議論(ニールセンについて )といったニュースの展開が優勢となった。    


ニールセン・デジタル・コンテンツ・レイティングスのデータによると、連邦政府が2020年3月23日に第1段階の規制を初めて発表して以来、オーストラリア人がオンラインで金融ニュースや情報コンテンツを読むのに費やした時間は週に約50万時間で、2019年の同時期と比較すると43%1増加し、発表までの12週間と比較すると36%2増加した。

Z世代とミレニアル世代は、第1段階の規制が発表されて以来、ビジネスと個人金融の両分野において、金融ニュースや情報の消費に費やした時間の合計が最も多い。オーストラリアの15~24歳の13.6%が失業中(オーストラリア統計局)であり、政府からの補助金を受け取る資格がないため、これらの年齢層は、ニールセンについて 、自分の将来を最も心配している。ニールセン・デジタル・コンテンツ・レイティングスのデータによると、18~24歳のオーストラリア人は金融コンテンツに費やす時間が59%2長く、25~34歳のオーストラリア人は同期間に47%2増加している。 

COVID-19と新たなホームボディエコノミーを取り巻く状況は、オーストラリアを代表する優良企業に多大な影響を及ぼし、ビジネスのやり方を変え、需要の減少だけでなく増加ももたらし、多くの企業が一時的な休業に追い込まれた。こうした企業への影響は、その従業員だけでなく、何百万人ものオーストラリア国民の退職年金や個人投資ポートフォリオにも及んでいる。オーストラリア人は、ビジネス・ニュースのコンテンツに費やす時間を38%増やした2。     

2020年3月、ASX200は過去4年間で最低値を記録したが、4-6月期を通じてASX200は回復に転じ、価格と取引量が大幅に上昇した。

この傾向は、18歳以上のオーストラリア人がオンライン・トレーディング・コンテンツやツールに費やす時間にも表れている。既存のポートフォリオを注意深く監視するにしても、市場を把握するにしても、投資機会を探すにしても、バーゲン株を手に入れるにしても、オーストラリア人は2019年の同時期と比較すると、第2四半期にオンライン取引コンテンツに関与する時間が69%3増加 した。

最近の株価の下落は、オーストラリアの定年退職前の人々に大きな影響を及ぼしており、彼らの将来のゆとりは、株式市場の状況を暗示している。55歳から64歳のオーストラリア人が今日下す決断は、退職後の倹約を大きく左右する。このことは、55~64歳が2020年4~6月期にオンライン・トレーディングのコンテンツやツールに費やした時間の長さからも明らかである。ポートフォリオを注意深く管理するにしても、状況を監視するにしても、バーゲン価格の株を買う機会を利用するにしても、55~64歳の人々がこの期間にオンライン・トレーディング・コンテンツやツールに費やした時間は84%も増加した。 

COVID-19の経済的、財政的影響が進展するにつれて、その影響はオーストラリア国民によってさまざまな形で感じられ続けるだろうが、特に若い世代はそうだろう。 

しかし、若い消費者が経済的に最も影響を受けるとはいえ、あらゆる年代のオーストラリア人が、ビジネスや金融に関するニュース、個人金融、投資に関するオンライン・コンテンツを利用し続けるだろう。若い世代は自分自身を教育することに目を向ける傾向が強く、年配の世代は将来のために財政管理やプランニング 。 

情報源

  1. 出典ニールセンデジタルコンテンツ視聴率、週間、WC23/03/20~WC27/07/20 vs. WC25/03/19~WC29/07/19、金融ニュース&情報サブカテゴリー、2人以上、デジタル(C/M)、総滞在時間、テキスト
  2. 出典ニールセンデジタルコンテンツ視聴率、週間、WC23/03/20~WC27/07/20 vs. WC30/12/20~WC16/03/20、金融ニュース&情報サブカテゴリー、2人以上、デジタル(C/M)、総滞在時間、テキスト。
  3. 出典ニールセンデジタルコンテンツ視聴率、週間WC23/03/20~26/07/20 vs. WC30/12/19~22/03/20、金融ニュース・情報サブカテゴリー、ビジネス・金融サイト、2人以上、デジタル(C/M)、総滞在時間、テキスト。
  4. 出典ニールセンデジタルコンテンツ視聴率、月次集計、2019年4月~6月および2020年4月~6月、P18以上、デジタルC/M、テキスト、オンライントレードのサブカテゴリは全期間の全測定主体を含む、総滞在時間。

類似の洞察を閲覧し続ける