02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

スポーツベッティング:誰が参加し、どれだけのチャンスがあるのか?

4 分で読めます |2021年6月発売

最近では、スポーツのライブイベントをオンにすると、コマーシャルの合間に大量の広告が表示され、熱心なファンが観戦しているゲームや試合のさまざまな側面に賭けて、アクションに参加するように誘う可能性があります。米国のローカルテレビスポット広告ですでに 1億5,400万ドルのゲーム となっているオンラインスポーツベッティングは、一握りの多作なギャンブルブランドが、国内の毎日730万人のファンタジーベッターがもたらす7,800億ドルの機会を活用している最新の方法です。しかし、適切なファンにアピールし、適切なスポーツに焦点を当て、まだサイコロを振っていない関心のあるファンを考慮していますか?

舞台を設定するために、米国で最も人気があり、最も視聴されているスポーツリーグであるNFLについて考えてみましょう。 Nielsen Fan Insightsによると、NFLのマスアピールは、スポーツベッティングに興味を持つファンの割合の高さに自動的につながるわけではありません。実際、6つのスポーツリーグで、NFLファンはスポーツベッティングに最も興味がありません。そのため、NFLファンの膨大な数にはチャンスがありますが、これらのファンは現在、リーグの実力が示唆するほどスポーツベッティングに熱心ではありません。一方、NHLファンの62%がスポーツベッティングに興味を持っており、これは6大スポーツリーグの中で最も高い数字です。

興味深いことに、特定のスポーツへのベッティングへの関心は、ベッターがどのスポーツを観戦しているかと必ずしも相関しているわけではありません。例えば、NHLベッティングへの関心は非常に高いですが、ベッターのアイスホッケー観戦への関心は、他のメジャースポーツリーグと比較すると低いです。これはNFLの裏返しであり、スポーツベッターのNFL視聴率はNBAと並んで最高です。

テレビでのオンラインスポーツギャンブル広告の著しい増加により、このカテゴリーはスポットテレビ広告費の1,200の製品カテゴリーの中で11位にランクされ、2.1%のシェアを占めています。これらの広告のオーディエンスに関しては、米国人口の3分の1弱(32%)がすでにスポーツベッティングに関心を持っていますが、合計46%が少なくとも何らかの関心を持っており、将来の成長の機会を浮き彫りにしています。また、実際の機会を見ると、米国人口のうち、収入が125,000ドル以上の世帯に住んでいる人の割合は、一般の人々(48%)よりもはるかにスポーツベッティングに関心があることがわかります。

当然のことながら、スポーツファンは、55%がスポーツベッティングに興味があると答えており、スポーツベッティングに関与するあらゆるブランドやプラットフォームにとって重要なターゲットであるべきです。これは、米国の成人よりも72%高い確率です。重要なのは、賭けへの関心と参加能力は別物であり、賭ける意図者の能力の一部は、住んでいる場所が合法かどうかにかかっているということです。7つの州でギャンブル禁止法が審議中であり、ブランド、テレビネットワーク、スポーツファンにとっての機会は、スポーツギャンブルがすでに合法化されている22の州をはるかに超えて成長する態勢が整っています。  

各リーグに関心のあるファンは、自分が住んでいる場所でギャンブルが合法であれば、ギャンブルにもっと興味を持つだろうと言っているため、新しい州での合法化は成長の観点から重要です。スポーツへの関心の高まりに加えて、スポーツ賭博サービスは賭けをするための最も一般的なチャネルであるため、ギャンブルへの関心の高まりは、FanDuelやDraftKingsなどのオンラインゲーム事業者にとって恩恵となるでしょう。その他の人気オプションには、家族、友人、同僚とのスポーツプール、スポーツブック(オンラインおよびオフライン)などがあります。

地元のテレビ広告市場を強化することに加えて、スポーツギャンブルへの関心と関与の高まりは、スポンサーシップ市場における注目すべき機会を表しています。例えば、FanDuelとMGMは、リーグ全体の取引を活用して、それぞれNBAとMLSの各チームとの露出機会を提供しています。また、NHLとBetwayは最近、Betwayを米国におけるNHLの公式スポーツベッティングパートナーにする新しい複数年のパートナーシップを発表しました。この契約により、BetwayはNHLの放送やリーグイベント中に目に見えるサイネージを介して大きな露出を得ることができます。NBA、NFL、NHL、MLB、MLS全体で、60以上のブランドが昨シーズンの試合や試合のテレビ放送中にスタジアムのサイネージを目に見える形で活用しました。

スポーツベッティングの世界への影響は、かなり単純明快です。2018年の最高裁判所の判決を受けて、オンラインスポーツベッティングは短期間で急成長する産業となり、ブランド、スポーツリーグ、権利者、テレビネットワークにとっての機会が拡大しています。具体的には、アメリカの成人の46%がスポーツベッティングに少なくとも何らかの関心を持っています。これは1億600万人に相当し、すでにデイリーファンタジーベッターをしている730万人を大幅に上回っています。また、いくつかの州が何らかの形でスポーツベッティングを検討しているため、オッズは時間の経過とともに高まる一方です。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。