02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト

マーチ・マッドネスが3月のケーブルテレビ視聴率回復を後押し

0分で読む|2023年4月

当月のテレビ総利用率2%減に季節性が関与

テレビ視聴には季節性が重要な役割を果たすが、注目度の高いスポーツイベントも同様である。3月もその例外ではなく、テレビの総使用量は減少したが、NCAAバスケットボールのプレーオフが始まったことで、ケーブルテレビの視聴に季節的な波が訪れた。実際、マーチマッドネスの到来により、ケーブルテレビは昨年のトーナメント以来最大の盛り上がりを見せ、2022年8月以来の上昇となった。また、ケーブルはこの月唯一のプラス番組であり、視聴は0.6%増加した。

スポーツファンの間でのトーナメントの魅力は、プラットフォームやチャンネルに関係なく、需要の高いコンテンツが視聴率に与える影響を浮き彫りにしている。マーチマッドネス以外では、当月のテレビ視聴動向は季節的傾向と一致しており、総利用率は2023年2月から2%減少した。

第95回アカデミー賞は、放送の賞/式典部門で153%の視聴増をもたらしたが、ドラマ視聴の2.7%増とともに、ニュース(4.4%減)とシットコム(8.1%減)の視聴減を相殺するには至らなかった。3月のケーブル利用で9.5%を占めたスポーツ以外のケーブルの視聴傾向も同様で、長編映画は5.1%減、ニュースは6.7%減であった。前年同月比では、ケーブルの視聴は13.7%減(シェア5.9ポイント)。

3月にストリーミングのシェアが0.2ポイント低下したに過ぎないが、この落ち込みは、NCAAとNFLフットボールの開幕時に0.1ポイント低下した2022年8月以来のストリーミングのシェア低下である。それ以来、ストリーミングのシェアは4回伸び、2回は横ばいだった。しかし、ストリーミングの利用は2月以来2.6%減少しているものの、このカテゴリーは前年比で3分の1以上増加している(ほぼ8シェアポイント)。

プラットフォーム別では、プルートTVの利用率が4.6%増加し、シェアを0.8%まで回復させた。Peacockの視聴は3.1%増加し、テレビ総利用で1.1%の高水準を記録した。その他の注目すべきストリーミングは以下の通り:

  • 視聴者はNetflixでアウターバンクスを47億分以上視聴した。
  • 毎週新エピソードが配信されるDisney+のThe Mandalorianの 新シーズンは、36億分以上の視聴を集め、3月に2番目にストリーミングされた番組となった。
  • ネットフリックスでの視聴時間は約36億分。
  • YouTube TVを除くYouTubeは、テレビ利用全体の7.8%を占め、最も利用されているプラットフォームであることに変わりはない。
 

メソドロジーとよくある質問

本ゲージは、放送、ストリーミング、ケーブルなど、主要なテレビ配信プラットフォームにおける視聴者の視聴行動を毎月マクロ分析したもの。また、主要な個別ストリーミング配信事業者の内訳も含まれている。チャートそのものは、月次のテレビ総視聴率を、カテゴリー別および個々のストリーミング配信事業者別の視聴シェアに分けたものである。

The Gaugeはどのように作られるのですか?

The Gaugeのデータは、2つのパネルから別々に加重平均されたものであり、それを組み合わせてグラフを作成している。ニールセンのストリーミングデータは、全米TVパネル内のストリーミングメーター対応TV世帯のサブセットから得たもの。リニアTVソース(放送とケーブル)と総使用量は、ニールセンのTVパネル全体の視聴に基づいている。

データはすべて、各視聴ソースの期間に基づく。放送月を表すデータは、報告間隔のLive+7視聴に基づいている(注:Live+7には、テレビのライブ視聴に加え、リニアコンテンツの7日後までの視聴が含まれる)。

その他」には何が含まれるのか?

ザ・ゲージの「その他」には、放送、ケーブル、ストリーミングのカテゴリーに分類されないすべてのテレビ利用が含まれる。これには主に、その他すべてのチューニング(未測定ソース)、未測定のビデオ・オン・デマンド(VOD)、ケーブルセットトップボックス経由のストリーミング、オーディオストリーミング、ゲーム、その他デバイス(DVD再生)の利用が含まれます。ケーブルセットトップボックス経由のストリーミングは、各ストリーミング配信事業者をクレジットしていないため、「その他」に含まれる。ケーブル・セット・トップ・ボックス経由のストリーミングでは、各ストリーミング配信事業者がクレジットされていないため、これらは「その他」のカテゴリーに含まれています。

その他のストリーミング」には何が含まれますか?

その他のストリーミング」として記載されているストリーミングプラットフォームには、個別に区分されていないテレビでの広帯域ビデオストリーミングが含まれる。ライブ放送やケーブル(リニア)番組を配信するために設計されたアプリ(Sling TVやCharter/SpectrumのようなVMVPDまたはMVPDアプリ)は、"その他のストリーミング "から除外される。

リニアストリーミングはどこに貢献するのか?

リニアストリーミング(vMVPD/MVPDアプリへの視聴の集計によって定義される)は、これらのアプリを通じて視聴される放送およびケーブルコンテンツがそれぞれのカテゴリにクレジットされるため、ストリーミングカテゴリから除外される。 この方法論的な変更は、2023年2月のインターバルから実施された。

ニールセンについて HuluやYouTubeでのライブストリーミングとは?

vMVPDアプリ経由のリニアストリーミング(例:Hulu Live、YouTube TV)はストリーミングカテゴリーから除外されている。ストリーミングカテゴリーの「Hulu SVOD」と「YouTube Main」は、リニアストリーミングを含まないプラットフォームの利用状況を指す。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。