ニュースセンター>多様性

デビッド・ケニー、ニールセンでリーダーシップを発揮する女性を増やすためLEADネットワークCEO誓約書を更新

3分で読む|2022年3月
ウーマン・イン・ニールセン(WIN)会議出席者

今年の国際女性デーに際し、ニールセンのCEOであるデイビッド・ケニーは、2024年までにシニア・リーダー職に占める女性の割合を46%にするというLEAD(Leading Executives Advancing Diversity)ネットワークのCEO誓約に対する当社のコミットメントを新たにしました。 

「素晴らしい製品を開発し、会社を成長させ、社員を成長させるためには、あらゆる意思決定において多様な声が必要です。「しかし、私たちは立ち止まることはできません。女性がニールセンでキャリアアップできると感じられるよう、努力を続けなければならないのです。

ニールセンは、優秀な女性人材の獲得と、女性社員の成長機会の確保に注力しています。当社のプログラムの一部をご紹介します:

  • 2021年に導入され、ニールセンの女性ビジネス・リソース・グループ(BRG)が主導するWINライジング・リーダーズ・グローバル会議
  • 高業績の中堅女性30人を対象とした新しいリーダーシップ開発プログラム 
  • ウーマン・イン・ニールセンやその他のBRGを通じたコーチングやメンタリング・プログラム
  • チーム内の女性が新たなスキルを身につけ、成長するための新たな機会を開拓できるよう、男性の味方を奨励する。
  • ニールセン社内で、地域市場や同様のスキル・レベルとの公平性を確保するため、報酬や昇進の見直しを継続的に行う。
  • 女性シニア人材の登用と取締役会の多様性向上のための投資
ウィメン・イン・ニールセン(WIN)トレーニングセミナー

ニールセンのチーフ・ピープル・オフィサーであるローリー・ロベットは、「LEADネットワークとの新たな誓約を誇りに思います。社内のあらゆる階層で女性の割合を増やす努力を続けることで、私たちはチームと社員が潜在能力を最大限に発揮できるよう力を与えます。

COVID-19を通して働くという最近の課題に伴い、ニールセンは、家庭で主に介護をすることが多い女性社員へのさらなる支援を提供しています。ニールセンのSMARTワーク・プログラムには、パンデミックによって予期せぬ変更に直面することが多いチーム・メンバーに対応できるよう、管理職を強化することも含まれています。また、育児休暇を拡大し、新しい両親には12週間、出産した母親にはさらに8週間を提供しています。

ニールセンは、4年連続でブルームバーグの男女平等指数で評価されています。つい先週、当社はEquileapによって男女平等で世界第5位、米国第1位の企業に選ばれました。そして、私たちは会社として前進を遂げましたが、#BreaktheBiasを継続できるよう、仕事はまだ続いています。