本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>多様性

デビッド・ケニー、ニールセンでリーダーシップを発揮する女性を増やすため、LEAD Network CEO Pledgeを更新。

3分で読めるシリーズ|2022年3月
Women in Nielsen (WIN)カンファレンスの参加者

今年の国際女性デーに、ニールセンCEOのデビッド・ケニーは、2024年までに上級管理職に占める女性の割合を46%にするというLEAD (Leading Executives Advancing Diversity) Network CEO Pledgeに対する当社のコミットメントを新たに表明しました。 

「素晴らしい製品を開発し、会社と従業員を成長させるために行うすべての決定には、多様な声が必要です」とケニーは述べています。「しかし、私たちは立ち止まることはできません。女性がニールセンでキャリアアップできると感じられるよう、努力を続けなければならないのです」。

ニールセンは、優秀な女性人材を惹きつけ、女性社員が成長の機会を得られるようにすることに注力しています。私たちのプログラムの一部をご紹介します。

  • 2021年に導入された、Women in Nielsen Business Resource Group(BRG)が主導するグローバルカンファレンス「WIN Rising Leaders」。
  • ハイパフォーマーな中堅女性30名を対象とした新しいリーダーシップ開発プログラム。 
  • Women in Nielsenや他のBRGを通じたコーチングやメンタリングプログラム
  • チーム内の女性が新しいスキルを身につけ、成長するための新しい機会を開くことができるよう、男性の味方を奨励すること
  • 地域市場やニールセン社内の同様のスキルやレベルに見合った報酬や昇進の見直しを継続的に行う。
  • 女性シニア人材の登用と取締役会の多様性を高めるための投資
Women in Nielsen (WIN)トレーニングセミナー

ニールセンのチーフ・ピープル・オフィサーであるローリー・ロベットは、「リード・ネットワークとの新たな誓約は、インクルージョン、勇気、成長という当社の価値観と一致していることを誇りに思います。会社のすべてのレベルにおいて女性の割合を増やす努力を続けながら、私たちはチームと社員が潜在能力を最大限に発揮できるように力を与えます。

COVID-19に対応するため、ニールセンは、家庭で介護をすることが多い女性従業員へのサポートを強化しています。ニールセンのSMARTワークプログラムでは、パンデミックによって予期せぬ変化に直面したチームメンバーに対応するため、管理職の権限強化を図っています。また、育児休暇も充実しており、新米パパママには12週間、産婦にはさらに8週間を提供しています。

ニールセンは、4年連続でブルームバーグの「男女平等指数」で評価されています。先週は、Equileapによって、男女平等のための世界第5位、米国第1位の企業に選ばれました。そして、会社として前進を遂げた一方で、#BreaktheBiasを継続できるよう、仕事はまだ続いています。