02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

OTTエクスペリエンス:コネクテッド・リビングルームの視聴者を理解する

3分で読める|2018年11月

米国の家庭の3分の2以上がビデオコンテンツをストリーミングできるデバイスを持っているように、進化するメディアの状況は、消費者がコンテンツを発見する方法を再形成している。従来のリニアTVが新しいチャンネルや機能で拡大し続ける一方で、新たなストリーミング技術やコネクテッド・デバイスもその地位を確立しつつある。消費者はいつでもどこでも番組を見ることができ、この柔軟性が視聴体験を向上させている。実際、アメリカ人は、Roku、Apple TV、Amazon FireなどのコネクテッドTVデバイスでコンテンツを消費するために、合計で月に80億時間近くを費やしている(1)。

今日のリビングルームは真のマルチプラットフォーム環境であり、リニアコンテンツとダイナミックコンテンツの両方が集まっている。オーバー・ザ・トップ(OTT)ビデオ・コンテンツによって、バイヤーとセラーは、この新しいリビングルームで、背もたれにもたれるような体験の中で消費者を引き込むために、投資に集中することができる。ニールセン・デジタル・コンテンツ・レイティングス(Nielsen Digital Content Ratings)によると、テレビと完全に比較可能な指標を用いて、デジタル・コンテンツの種類を問わず、1日の総視聴者数を毎日測定しており、コネクテッド・デバイスでコンテンツを視聴する13歳以上の消費者の1日の平均視聴時間は、パソコンでは36分、スマートフォンやタブレットなどのモバイル・デバイスでは24分であるのに対し、1時間以上となっている(2)。

コネクテッドデバイスによって、ブランドやパブリッシャーは、特にミレニアル世代やZ世代といった、リーチしにくい層とつながる機会を得ることができる。コンテンツ配信の進化に伴い、消費者の視聴習慣は年齢やコンテンツ体験方法の選択によって異なる可能性がある。ネットワークやデジタル・プラットフォームは、新しいオリジナル・コンテンツや番組を制作することで、複数のデバイスにまたがって膨大な数の視聴者とつながることができる。例えば、5つのネットワークで放送されたコンテンツを生放送で視聴している全日視聴者のうち、25歳から34歳の視聴者は7%であるのに対し、コネクテッドデバイスの視聴者の19%は同じ年齢層である(3)。

コネクテッド・デバイスは、その利便性とオプション性により、あらゆる層で人気が高まっている。興味深いことに、5つのTVネットワークでは、生放送TV視聴者の3%が18歳から24歳であるのに対し、コネクテッドデバイスは8%を占めている(4)。これは、TVパブリッシャーにとって、ライブTVで初公開されたコンテンツを増幅し、コネクテッドデバイスで見られるように番組を拡張することでリーチを最大化する大きなチャンスである。

視聴者の視聴時間の大半は依然として従来のリニアTVが占めていますが、OTT消費はリビングルームでの体験の重要な一部となっており、パブリッシャーにはこうした貴重な視聴者を収益化する機会が増えています。コネクテッドデバイスを使用する米国世帯の増加に伴い、パブリッシャーにとって包括的な測定は、消費者が視聴時間をどのように過ごしているかをよりよく理解し、収益を促進し、消費者に優れた体験を提供できるようにするために不可欠です。

備考

本記事のデータは、デジタル・コンテンツ・レーティングで測定されたパブリッシャーのサブセットを表しています。

  1. ニールセン・ナショナルパネル(NPOWER、リーチ分析、2018年9月暦月、ライブ)
  2. 2018年9月、デジタルコンテンツ視聴率、P13-34
  3. 2018年9月、Digital Content Ratings、Total Content Ratings P13+、DCR測定が可能な5つのTVネットワーク(コンピューター、モバイル、OTT)、所有・運営プロパティのみ。OOH測定はデータ分析に含まれない。
  4. 2018年9月、Digital Content Ratings、Total Content Ratings P13+、DCR測定が可能な5つのTVネットワーク(コンピューター、モバイル、OTT)、所有・運営プロパティのみ。OOH測定はデータ分析に含まれない。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。