本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>マーケット&ファイナンス

アフリカで広く普及したm-paymentをきっかけに暗号通貨への関心が高まる

3分で読めるシリーズ|2021年11月

世界中の消費者にとって、携帯電話はユビキタスな存在となり、情報、ソーシャルネットワーク、エンターテインメント、コネクティビティに瞬時に、そしてリアルタイムでアクセスできるようになりました。アジアに次いで世界第2位の携帯電話市場であるアフリカでは、この接続性がモバイルマネー業界を活気づけており、サブサハラアフリカ(SSA)は現在、世界のモバイルマネー口座数の43%を占めています。

COVID-19の流行時に加速したモバイル決済(M-payment)サービスの普及により、多くのアフリカ人が次のステップとして、従来の銀行システムから切り離され、通貨の切り下げに対する保護を提供する暗号通貨に注目しています。実際、アフリカのいくつかの国では今年、注目のデジタル通貨、決済プラットフォーム、ブロックチェーンアプリケーションの導入に後押しされ、「暗号」という言葉に対する社会的な話題が高まっています。

SSAが10年以上にわたってモバイルマネー業界の最前線にいるのは、主にフィンテック企業のネットワークが拡大し、正式な預金口座やクレジットへのアクセスがない消費者にデジタル決済オプションを提供するために参入してきたためです。Fintech Timesによると、同国の人口の約57%は従来の銀行口座を持っていないそうです。比較的、ウォールストリートジャーナルは昨年末、SSAだけで世界のモバイルマネー登録口座10億4000万件の半分近くを占めるようになったと報じました。

アフリカではモバイルバンキングの普及率が高いことに加え、世界で最も人口の少ない大陸であることから、暗号通貨への関心と認知度が高まっています。また、世界で最も若い消費者であることから、デジタル決済や暗号通貨は従来の銀行サービスよりもはるかに大きな魅力を持っています。このようなモバイルファーストの消費者にとって、デジタル決済や暗号通貨は経済的な自立と自由をもたらし、ニールセンについて 将来の暗号の展望を楽観視しています。このことは、電気通信および金融サービス業界のプロバイダー、プラットフォーム、サービスにとって大きなチャンスとなります。

暗号通貨の採用は、特に新興国全体で今年急増しており、ブロックチェーンデータ会社のChainalysisは、2019年第3四半期から2021年第2四半期の間に2300%以上の世界的な採用の伸びを報告しています。アフリカは世界最小の暗号経済圏(世界金額の2%)を占めていますが、この形態の貨幣の隆盛が採用を加速させています。実際、アフリカ最大の経済大国であるナイジェリアは、最近、アフリカ大陸で初めて独自のデジタル通貨「eナイラ」を展開した国です。 

しかし、話題のニールセンについて 暗号は、eナイラの導入よりかなり前に始まりました。大陸の多くの消費者がニールセンについて デジタル通貨を学び始めたのは、セネガル系アメリカ人の歌手兼起業家のエイコンが2018年にセネガルにブロックチェーンと暗号通貨を動力とする都市を建設する計画を発表したときです。その結果、エイコンがセネガルで計画している持続可能なスマートシティ「Akon City」を動かすために望んでいる「Akoin」通貨は、ニールセンがメディア全体で追跡している最も人気のある暗号トピックの一つとなっています。

ニールセンについて AkonとAkoinは話題になったものの、アフリカで最も議論されている暗号通貨はビットコインで、会話の63%を占めています。ニールセンについて デジタル通貨、次いでイーサリアム(10%)とドージェ(7.5%)となっています。さらに重要なのは、ニールセンについて デジタル通貨に関する消費者心理は全体的に中立からポジティブであるということです。暗号通貨は成長し、政府から認可されるほど利益を生むが、最近のイカゲーム暗号通貨など、ポップカルチャーに便乗するものも多く、詐欺の温床にもなっている。

テクノロジーがインフラや持続可能な開発を進める中、フィンテックは新興国にとって特に重要な役割を果たすようになると考えられます。PwCのコンサルティング事業であるStrategy&は、アフリカのキャッシュレス取引量が2025年まで78%、その後2025年から2030年にかけて64%増加すると予測しています。 

今後、多くの機会が訪れる中で、企業は消費者との有意義な関係を築き、維持する必要があります。あらゆるマーケティング活動と同様に、ブランドは消費者にその価値を証明し、忠誠心を維持し、すべての活動の中心に消費者を据えていく必要があるのです。

類似のインサイトを閲覧し続ける