本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ・ゲーム

2023年のトップスポーツ

5分で読む|2023年12月

スポーツほど観客を惹きつけるものはない。スポーツ界のヘッドラインは盛りだくさんで、そのどれもがファン、スポンサー、広告主の間でスポーツの知名度を新たな高みへと押し上げた。 

ハイライトは以下の通り:

  • 第9回FIFA女子ワールドカップの決勝は、アメリカもドイツも出場しない初めての大会となった。
  • 2023年のMLSシーズンは、アップルTVとの新しい10年間の放映権契約の最初のシーズンだった。
  • リオネル・メッシは、MLSクラブとの契約が発表されてからわずか6日後、今年のリーグカップで決勝点となるフリーキックを決め、インテル・マイアミFCへの移籍をスタートさせた。
  • ピッチクロックの導入により、MLBの試合は平均24分短縮された。   
  • NFLサンデーチケットがYouTubeに登場。
  • オリンピックは、2024年夏季パリ大会の新競技4種目を発表した:ブレーキング、スポーツクライミング、サーフィン、スケートボードである。
  • スポーツ・イラストレイテッド』誌は、コロラド大学フットボールチームのコーチを務めた1年目に、コーチ・プライムをスポーツパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出した。
  • テイラー・スウィフトとカンザスシティ・チーフスのタイトエンド、トラビス・ケルスの間に芽生えたロマンスは、NFLとその試合の注目度を高めている。

ヘッドラインはさておき、視聴者がテレビでスポーツを観戦することは今年も主要な娯楽であり、米国のファンは米国で最も視聴された5つのスポーツリーグの試合を1兆7000億分以上視聴した。NFLの試合視聴時間は全体の55%を占めた。

視聴率という観点から見ると、スーパーボウルほど観客を魅了するものはなく、スーパーボウルLVIIのカンザスシティ・チーフスとフィラデルフィア・イーグルスの対戦は、リーグ史上2番目に視聴された試合となった。カンザスシティ・チーフスとフィラデルフィア・イーグルスの対戦は、リーグ史上2番目に多く視聴された試合となった。ちなみに、2022年に最もストリーミングされた番組ストレンジャー・シングス」の視聴時間は520億分だった。また、NFLの絶大な人気を考えると、プレーオフと感謝祭の試合が、今年最も視聴された他の9試合を占めた。しかも、今年の感謝祭の試合はすべて、自宅から離れた場所で視聴した人の割合が大きかった。

フットボールファンのニーズを満たすだけでなく、今年のNFLの試合は、脚本家ストライキによるゴールデンタイムの新番組不足による空白を埋めるのに役立っている。昨年と比べ、今シーズンのマンデーナイトフットボールの全試合は、ESPNとESPN2に加え、ABCでも放送されている。 

この調整は視聴率にとって好都合で、ABCでの試合は、従来のゴールデンタイムの番組が1年前に放送した時よりも多くの視聴者を集めている。例えば、今年第4週の対戦はABCで870万人の視聴者を獲得したのに対し、1年前にABCで同時間帯に放送された2番組の視聴者は570万人だった。また、テイラー・スウィフトとトラヴィス・ケルスのロマンスは、より多くの女性視聴者を引きつけている。  

スポンサーシップはブランドに大きな価値をもたらす

2023年のスポーツ界の動きを楽しんでいるのはファンだけではない。ブランドは常に、新規および既存のオーディエンスへの露出を広げるチャンスとの提携を熱望しており、スポンサーシップの機会が増えることで利益を得続けた。2023年は、野球チームのユニフォームにスポンサーシップのワッペンが付けられるようになった最初の年であり、その年の最も価値のあるブランド・アクティベーションのうち2つがMLBのジャージに付けられた。リーグ全体では、アヴネットがワールドシリーズに出場したダイヤモンドバックスとのスポンサーシップという事実も手伝って、最も恩恵を受けた。2023年、ブランドにとって最も価値のあるスポーツ・スポンサーシップのトップ10は、合計で2億5,900万ドル以上のメディア価値1をもたらした。

メディアがスポーツ界に提供する露出の恩恵を受けるのは、ブランドだけではない。特にソーシャルメディアに関しては、チーム自体も恩恵を受けている。ゴールデンステート・ウォリアーズがソーシャルメディアの価値で常にトップだったが、リオネル・メッシがインテル・マイアミFCに加入したことで、今年はMLSチームがトップに躍り出た。実際、このチームの投稿の平均シミュレーション2は、ウォリアーズの投稿の2倍以上だった。

2024年に向けて、スポーツ業界は視聴者やブランドのファン層を拡大し、その地位を確立している。しかし、スポーツの紛れもない魅力は、視聴者のストリーミング・コンテンツへの関心の高まりと相まって、放送権獲得競争を激化させている。 

たとえば、真のNFLファンにとって、すべての試合を見るには、いくつかの伝統的な放送チャンネルへのアクセス、Amazon Prime Videoへのアクセス、YouTubeのSunday Ticketへの加入が必要だ。同様に、ニューヨーク・ヤンキースのファンも、2023年のシーズン中にすべての試合を見ようと思ったら、放送、ケーブルテレビ、Amazon Prime、Apple TVへのアクセスが必要だった。真のスポーツファンは、一般的にアクションのある場所に行くものだが、アラカルト的な試合ごとのアプローチでは、全体的なスポーツ視聴の成長は難しいだろう。

視聴者というレンズを通してスポーツ視聴者のストリーミングへの移行を容易にする方法を見つけることは非常に重要である。ESPNがNHLの試合にアプローチしているのは良い例だ。ESPNは定額制のESPN+サービスで全チームの1,050以上の市場外試合へのアクセスを提供し、さらに100の試合をESPN、ESPN+、Hulu、ABCで独占放送している。Apple TVとMLSの契約は、ほぼすべてのMLSの試合に一貫したサービスと体験を提供するため、もう一つの傑出したものである。テレビ視聴者にとってスポーツが最大の魅力であることに変わりはないが、サービスや料金を追加し続けなくても好きな試合を見つけられるようにすることが、長期的には重要になるだろう。

注意事項

1ニールセン スポーツのクオリティ インデックス メディア バリューは、スポンサーが受けたライブ放送の露出のメディア価値を算出したものです。

2ソーシャルメディア価値のシミュレーションとは、チームがその投稿に対してスポンサーシップを販売した場合の価値を指す。

類似のインサイトを閲覧し続ける