本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

ただひたすらにニュージーランド人旅行者の4分の1以上が保険に加入していません。

3分で読めるシリーズ|顧客開発担当 ヘレネ・マウラー、アナリティクス担当 タマー・モハメド|2019年3月号

2018年、保険部門はニュージーランドにおいて、保険購入希望者にリーチするための広告費として約7,900万ドルを費やしました。自動車保険、家財保険、生命保険、医療保険、旅行保険など、20歳以上のニュージーランド人2,861,000人が少なくとも1つの保険契約を保有しています(全人口の約81%)。また、オンラインでの保険契約購入は2016年と比較して30%増加しており、2018年には約345,000人がオンラインで保険契約を締結しています。

自動車保険は、キウイの3分の2近くが加入している最も一般的な保険であり、家財保険と住宅保険がそれに続く。

旅行保険の機会にスポットライトを当てる

41万3千人(海外旅行者の29%)が前回の旅行で保険に加入していないことから、この分野を成長させる真の機会が存在することになります。仮にキーウィーが上位5都市(オーストラリア、中国、太平洋諸島、イギリス/ヨーロッパ、日本)に旅行する際に、1週間分の基本旅行保険料を支払った場合、約1280万ドルの付加価値を市場にもたらすと試算しています。

海外旅行をしたニュージーランド人の29%は、前回の旅行で保険に加入していない

KIWIS DO FLY。

昨年は約150万人のキウイが海外旅行をしました(2016年から12万人増加)。これらの世帯に住む人々は、1年間に約28億ドルを旅行に費やしています。しかし、すべての旅行者が同じではないため、旅行保険会社や旅行業界内の他のブランド/企業は、ターゲット顧客をより深く理解することが重要です。例えば、以下のインフォグラフィックでは、20~39歳は東南アジア、日本、アフリカなどの目的地に旅行する傾向が強く、旅行中に保険に加入する傾向も低いことが示されています。

キウイキャッチ

旅行の嗜好が変化し、これまで以上に多くのキウイが旅行するようになり、オンラインで保険契約を購入する割合が増える中、旅行・観光業界と旅行保険会社は理解する必要があります。

  • "ニュージーランド人にとって最も魅力的な旅行先は?"
  • "現代の旅行者が求めているのはどのような体験なのか"
  • "これらの顧客にリーチするためには、どのようなメディアミックスが必要なのか?"
  • "キウイは海外に行くとき、どれくらいカバーされているのか?"

出典はこちらConsumer and Media Insights(CMI)、Q417-Q318、(ベース:20歳以上のすべての人々)。

出典はこちらニールセンアドインテル、2016年1月~12月、2018年1月~12月。

メソドロジー

ニールセンについて ニールセン コンシューマー&メディアインサイト(CMI)

このような環境では、消費者の態度、メディア消費、日々の行動を幅広く理解することが不可欠です。Nielsen Consumer and Media Insightsは、消費者を特定し、理解し、そしてリーチするための見解を提供します。つまり、狭い範囲の消費者像に依存しないことです。このデータは、10歳以上のニュージーランド人11,000人を対象にした独自調査によって収集されています。調査方法は混合方式で、NZ統計局の人口データで加重平均して全国を代表しています。

ニールセンについて ニールセンアドインテル

ニュージーランドの広告費は35億ドルで、テレビ、印刷、オンラインディスプレイ、ラジオ、アウトオブホーム、宛名のないダイレクトメール、映画館などの広告に及んでいます。ニールセンのアドインテルは、誰が、どの媒体に、いくら広告を出したかを把握し、カテゴリー、広告主、商品、メディアタイプなどの詳細なレベルで、競争力のある広告費インテリジェンスを提供するソリューションです。

類似のインサイトを閲覧し続ける